九鬼 隆直(くき たかなお、貞享4年(1687年) - 宝暦2年8月4日1752年9月11日))は、丹波綾部藩の第3代藩主。

大身旗本松平信定の十一男。正室は青山忠重の娘。子に九鬼隆英(長男)。官位は従五位下、豊前守、長門守。

元禄9年(1696年)、先代藩主の九鬼隆常の養嗣子となる。元禄11年(1698年)、養父の死により跡を継いだ。しかし藩政においては江戸の藩邸が焼失し、さらに風水害や火事などの天災によって藩は多難を極め、藩財政は悪化した。正徳3年(1713年)1月30日、家督を養嗣子の隆寛に譲って瑞翁と号した。宝暦2年(1752年)8月4日、66歳で死去した。法号は瑞翁了閑誠諦院。

大名ながら起倒流柔術滝野遊軒の高弟であり、隆直以降、起倒流が九鬼家の家伝の武術となった。