メインメニューを開く

乱!総選挙2009』(らん!そうせんきょにせんきゅう)は、TBSJNN系列)で放送された、2009年(平成21年)8月30日執行第45回衆議院議員総選挙選挙特別番組である。

乱!総選挙2009
ジャンル 選挙特別番組
出演者 後藤謙次
安住紳一郎
小林麻耶
田丸美寿々
杉尾秀哉
ビートたけし ほか
出演者を参照)
制作 TBSテレビJNN
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2009年8月30日
放送時間 19:57 - 翌3:00
放送分 423(7時間3)分
公式サイト

特記事項:
翌1:00 - 1:15はS☆1・J-SPOを放送。
テンプレートを表示

概要編集

長年TBS・JNNの選挙特番の顔であった筑紫哲也2008年11月7日に死去。前回の『乱!参議院選挙2007』は、筑紫の肺がん療養中(音声のみで出演)のため、鳥越俊太郎アンカーを務めたが、この回は『総力報道!THE NEWS』のキャスターである後藤謙次がアンカーを務めた。スペシャルコメンテーターとして、ビートたけしを起用した。

この回は、平日夕方の報道番組『総力報道!THE NEWS』と、土曜夜の情報番組情報7days ニュースキャスター』を基幹番組としている。

JNN系列加盟全28局で放送されるが、前回の選挙特番まで行っていたBSデジタル放送BS-TBSでのサイマル放送は、この回から行われなくなった。

出演者編集

肩書き・役職は出演当時。

放送時間編集

(以下、すべてJST

  • 2009年(平成21年)8月30日 19:57 - 翌3:00
    • 第1部 19:57 - 未定
    • 第2部 未定 - 23:30
    • 第3部 23:30 - 翌0:00
    • 第4部 翌0:00 - 1:00
    • (翌1:00 - 1:15まで、『S☆1・J-SPO』を放送)[1]
    • 第5部 翌1:15 - 3:00

系列局での対応編集

毎日放送版編集

これまでのJNN系選挙特番において、毎日放送(MBS)では番組全体の8割程を平日の情報番組『ちちんぷいぷい』と夕方の報道番組『VOICE』のコラボレーション特番に差し替えて放送することが恒例であるが、今回も第1部~第4部まで(MBS公式サイトの週間番組表より)、出口調査結果や党首クラスの生インタビューを除いて自社製作版に差し替えた。

また、枠内では毎日放送のエリアである近畿2府4県徳島県以外の全国の選挙区についてもフォローした。

スタジオセットも夏祭りをモチーフにしたもので、東京のセットとは全く異なっていた。やぐら国会議事堂の屋根をモチーフにし、画面を見てやぐらから左側に赤、右側に青の提灯が並び、それぞれ自由民主党・民主党の獲得議席数に応じて提灯のランプが点灯する仕組みだった。

パネラーの桂ざこばが、公明党幹部の落選について「落ちるということは、(支持母体である創価学会への)信心が足らんかったっちゅうことですか?」と発言し、角が「政教分離ですから」と慌ててフォローする場面が見られた。ざこば自身もすぐに陳謝し、CM明けには進行役の高井美紀が改めて陳謝した。

出演者編集

中部日本放送版編集

中部日本放送(CBC)では、毎日放送版ほどの割合ではないものの、番組の一部を平日夕方の報道番組『イッポウ』を基幹番組としたローカル版に差し替えて放送した。
ここでは放送エリアである東海3県と比例東海ブロックの情勢・速報を中心に製作・放送した。

出演者編集

その他

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ TBSの番組HPでは「JNNニュース&スポーツ」と表記されていた。
  2. ^ 翌日の『みのもんたの朝ズバッ!・国民の審判は下った!ブチ抜き大選挙スペシャル』出演のため、23:52まで出演して退席した。

関連項目編集

外部リンク編集