メインメニューを開く

乾杯!トークそんぐ』(かんぱい トークそんぐ)は、毎日放送(MBSテレビ)制作の歌謡番組1989年7月6日から2000年12月21日まで、554回にわたって放送された。MBSが加盟するTBS系列の一部の局でも遅れネット形式で放送した時期があったほか、2018年1月7日から4月1日までは、BS12トゥエルビで毎週日曜日の21:00 - 21:55に再放送を実施していた。

乾杯!トークそんぐ
MBS Senrioka Broadcasting Center.JPG
番組の収録が行われていた毎日放送千里丘放送センター(現在は解体)
ジャンル 歌謡番組
出演者 野村啓司
猪俣公章
西川峰子
中村美律子
プロデューサー 林貴源
池田治郎
今野秀隆
制作 毎日放送
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1989年7月6日 - 2000年12月21日
放送時間 当該節参照
回数 554
テンプレートを表示

概要編集

12年5か月間にわたって放送された深夜の歌謡番組で、演歌歌手がカラオケのある寿司屋にぶらりと立ち寄って酒を酌み交わすという設定で行われていた。プロの歌手に別の歌手の歌を歌わせていたのが特徴で、放送第1回目では村田英雄三波春夫の歌を歌った。また、1997年10月以降しばらく続いた85分番組時代にはオーディションを勝ち抜いた一般参加者たちが持ち歌を披露する「歌いたがり屋さん」のコーナーを設けていた。このコーナーの出場者は、歌い終えた後に作詞家作曲家などのゲスト勢から歌の批評を受けていた。

司会進行は野村啓司(出演期間中は毎日放送アナウンサー)、初代ママは西川峰子、2代目ママは中村美律子が務めた。

この番組は、前番組『春蝶・朝丸(ざこば)のおこしやす!』から引き続き白鶴酒造の提供で放送された。そのため、収録ステージには清酒「白鶴」の酒樽がセットで置かれていた。番組収録は長年大阪府吹田市千里丘放送センターで行われていたが、末期においては大阪市北区茶屋町の本社スタジオで行われていた。

番組は2000年12月21日放送分をもって終了したが、2004年と2007年には、近畿地方で番組タイトルを冠したステージイベントを実施。いずれも、特別番組として放送された。

なお、中村がママを務めた1993年の放送分については、2018年1月9日から同年4月1日までBS12トゥエルビで毎週日曜日に再放送を実施した。

出演者編集

スタッフ編集

  • プロデューサー - 林貴源(誠一、JAPS)、池田治郎(MBS)、今野秀隆(MBS、元アナウンサー)
  • 制作 - ジャパンオールプロデュースシステム(JAPS)、スタッフ21
  • 製作著作 - 毎日放送

放送局編集

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
近畿広域圏 毎日放送 TBS系列 木曜 23:50 - 25:15 (1989年7月 - 1992年9月)
木曜 23:50 - 24:50 (1992年10月 - 1997年9月)
木曜 23:55 - 25:20 (1997年10月 - 不明)
木曜 23:55 - 24:55 (不明 - 2000年12月)
製作局
宮城県 東北放送 日曜 24:55 - 25:55 (2000年頃)[1]
新潟県 新潟放送 金曜 24:45 - 25:45 (期間不明)
岡山県香川県 山陽放送 木曜 24:55 - 26:25 (1997年頃)[2]
月曜 24:35 - 26:05 (1998年頃)[3]
月曜 24:55 - 25:55 (1999年頃)[4]
日本全国 スペース・ビジョン・ネットワーク CSチャンネル 不明
BS12 トゥエルビ BSデジタル放送 日曜 21:00 - 21:55(2018年1月7日 - 4月1日)

エピソード編集

  • 2代目ママ役を務めた中村美律子はこの番組について、「NHK紅白歌合戦に初めて出た直後に声を掛けてもらい、嬉しかった。最初は番組で何を話したか覚えていないほど緊張した」と語った。
  • 坂本冬美は通算27回出演している。坂本はこの番組について、「ほっとする番組というより、お店。演歌番組が少ない中貴重な存在です。毎回楽しみに出ています」と語った。
  • 歴代最多出場は小林幸子の38回。
  • 番組スタート時からのレギュラーだった猪俣公章が逝去した際には、彼の追悼特集を放送した。後任として荒木とよひさなどが出演した。
  • 曲が始まる時のナレーションについて当初は構成作家や作詞家が決めた台詞を読んでいたが、回を追う毎に野村アナ本人が台詞を決めて読むようになった。(ラジオ『ノムラでノムラだ♪ EXトラ!』より)
  • 白鶴酒造の提供で寿司屋のセットで酒を酌み交わし唄う設定と言うこともあり、お酒の飲める主演者には本物のお酒が提供されていた。
  • 読売テレビの番組『たかじんnoばぁ〜』もこの番組と同じようなカラオケ企画を実施していた。『たかじんnoばぁ〜』も同様にスタジオにカラオケセットを設けていて、出演者たちがカラオケで盛り上がると時折「これは乾杯!トークそんぐではありません」と書かれたテロップを表示していた。

脚注編集

  1. ^ TV SHOWCASE”. 東北放送. 2000年5月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年9月5日閲覧。
  2. ^ TIME TABLE 月〜金”. 山陽放送. 1997年12月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月24日閲覧。
  3. ^ TIME TABLE 月〜金”. 山陽放送. 1998年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月24日閲覧。
  4. ^ TV TIME TABLE mon〜fri”. 山陽放送. 1999年4月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月24日閲覧。

外部リンク編集


毎日放送 木曜23:50枠 → 木曜23:55枠
前番組 番組名 次番組
乾杯!トークそんぐ
(1989年7月 - 2000年12月)
つるまげどん
(23:55 - 24:55)