メインメニューを開く

乾 正人(いぬい まさと、1962年昭和37年) - )は、日本ジャーナリストコラムニスト産経新聞論説委員長[1]。元東京本社執行役員編集局長。

乾 正人
(いぬい まさと)
生誕 1962年????
日本の旗 日本兵庫県神戸市
国籍 日本の旗 日本
別名 産経新聞論説委員長
元産経新聞編集局長
元産経新聞編集長
元産経新聞政治部長
教育 筑波大学比較文化学類
職業 ジャーナリスト
コラムニスト
活動期間 1986年 - (現在)

来歴編集

1962年兵庫県神戸市生まれ。甲陽学院高等学校卒業[2]筑波大学比較文化学類卒業[3][4]、1986年4月、産経新聞社入社。新潟支局、整理部政治部などを経て政治部長。2011年4月付けにて、編集長[5]。論説委員兼務を経て2015年6月付にて編集局長[6]、2018年6月から論説委員長。また、筑波大学の経営委員会委員[7]も兼務。

人物編集

人間には「経験を重ね、大人になってから成長する」タイプと「ぬくぬく育った小学生くらいがピーク」のタイプの2者に分かれるとし、自身を「後者の部類」に分類。小学6年生のとき、作家内田百閒紀行文シリーズの1作目「特別阿房列車」を読んだが、それ以降「魂を揺さぶられるような作品に出会っていない」といい、大江健三郎村上春樹の作品も読破したものの、「百閒先生に比べれば、『まあまあ、うまいんだけどねえ』というレベルにしか感じなかった」という[8]その特別阿房列車を、新聞の論調・社説担当の論説委員として選ぶ1冊にも挙げつつ、「一時絶版になっており、本屋どころか街一番の図書館にもなかった。ようやく講談社版の全集をみつけたときの嬉しかったこと」と表現した[要出典]

静岡空港神戸空港建設について、「名古屋も大阪も二時間以内、今すぐ必要なのか」とか「高速船で二十五分の距離に関西国際空港」と疑問を呈し、「国会議員憲法四三条で全国民を代表すると規定。地域エゴに走るとすれば、国民にとってこれほど不幸なことはない」と述べている[9]

著書編集

共著編集

出演番組編集

関連項目編集

脚注編集