亀井 源太郎(かめい げんたろう、1970年10月24日 - )は、日本法学者。専門は刑法刑事訴訟法慶應義塾大学法学部教授。東京都出身。

経歴編集

1989年慶應義塾高等学校1993年慶應義塾大学法学部法律学科卒。 学部時代は井田良のゼミに所属。 東京都立大学大学院社会科学研究科基礎法学専攻博士課程単位取得中退、東京都立大学法学部助手、同助教授、首都大学東京法科大学院(大学院社会科学研究科法曹養成専攻)准教授、同教授、慶應義塾大学法学部准教授を経て同教授。指導教授は前田雅英

専門は共同正犯論であり、刑事手続も視野に入れた方法論を提唱する。また、刑事実体法と刑事手続法の交錯領域についての研究でも知られる。

人物編集

父はジャーナリストの亀井淳

主要業績編集

 同書の書評   ・清水真捜査研究658号」50頁以下   ・照沼亮介刑事法ジャーナル5号」168頁以下

門下生編集

外部リンク編集

  • gk's - 本人によるホームページ