メインメニューを開く

亀山インターチェンジ

日本の三重県亀山市にある東名阪自動車道と名阪国道のインターチェンジ

亀山インターチェンジ(かめやまインターチェンジ)は、三重県亀山市にあるインターチェンジである。E23東名阪自動車道・E25名阪国道国道1号に接続している。

亀山インターチェンジ
国道1号(四日市方面)側から見るインター入口。左端の高架橋は関バイパス。
国道1号(四日市方面)側から見るインター入口。左端の高架橋は関バイパス。
所属路線 E23 東名阪自動車道
IC番号 33
料金所番号 06-160
本線標識の表記 亀山 大津 大阪
起点からの距離 53.2 km(名古屋西JCT起点)
亀山PA (1.1 km)
(1.9 km) 伊勢関IC
所属路線 E25 名阪国道
IC番号 1
本線標識の表記 大津 四日市
起点からの距離 0.0 km(亀山IC起点)
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0001.svg国道1号
供用開始日

1965年12月16日(名阪国道)

1970年4月17日(当時東名阪道路)
所在地 519-0168
三重県亀山市太岡寺町611
テンプレートを表示
インターチェンジは隣接する亀山PAのランプウェイとも絡まって複雑な構成となっている。国道1号との接続は変則的なクローバー型による。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

目次

概要編集

亀山インターチェンジはE23東名阪自動車道名古屋方面への入口・名古屋方面からの出口のみのハーフインターチェンジである[1]。東名阪自動車道から一旦下りて料金所へ入り(下りずにそのまま直進するとE23伊勢自動車道へ入る)、そこから国道1号とE25名阪国道の分岐へ進み、左が国道1号、直進が名阪国道へのルートとなる。名阪国道から東名阪自動車道へ向かう場合、国道1号と東名阪自動車道への分岐を経由して名古屋方面へ進むことになる。

東名阪自動車道へのランプと一般道路との接続部は、名阪国道の開通に伴って整備された変則的なクローバー型となっており、(東)国道1号・名古屋市方面、(西)国道1号・大阪市方面、(北)東名阪自動車道・名古屋西JCT方面、(南)名阪国道・天理IC方面へそれぞれ分岐する。

平成17年(2005年3月13日の「亀山直結線」の開通で東名阪道の鈴鹿本線料金所が廃止となり、代替として当ICに料金所が設置された。なお、同時に伊勢道の関本線料金所も廃止されたが、一部の施設は伊勢道の伊勢関ICに転用されている。

料金所編集

レーン運用は、時間帯やメンテナンスなどの事情によって変更される場合がある[2]

  • ブース数:11[2]

入口編集

出口編集

  • ブース数:7[2]
    • ETC専用:2
    • 一般:2
    • 休止中:3

周辺編集

接続する道路編集

   
国道1号(国道25号重複)と直接接続する。画像左 : 国道1号からE25名阪国道(天理方面)への入口。
画像右 :E25名阪国道上り終点からE23東名阪自動車道接続地点を望む。左側に国道1号四日市方面からの流入路と同方面への流出路を望む。

編集

E23 東名阪自動車道
(32-1) 亀山JCT - (32-2) 亀山PA/スマートIC - (33) 亀山IC - (34) 伊勢関IC
E25 名阪国道
(1) 亀山IC - (34) 関JCT/伊勢関IC・出入口 - (2) 関IC

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ イカロス出版 2011, p. 36.
  2. ^ a b c d 料金所ナビまっぷ (PDF)” (日本語). NEXCO中日本. 2019年5月5日閲覧。

参考文献編集

  • イカロス出版 『東名高速をゆく』〈イカロスMOOK〉、2011年8月29日。ISBN 978-4-86320-484-3 

関連項目編集

外部リンク編集