亀山 健吉(かめやま けんきち、1922年9月3日 - )は、言語哲学者、日本女子大学名誉教授。

岐阜県出身[1]。1948年東京帝国大学文学部倫理学科卒業。1950-51年ガリオア留学生としてクレアモント大学院に留学。56-58年A.v.フンボルト財団留学生としてハイデルベルク大学テュービンゲン大学に留学。日本女子大学教授、93年定年、名誉教授、城西国際大学教授。1984年のヴィルヘルム・フォン・フンボルト『言語と精神―カヴィ語研究序説』で日本翻訳出版文化賞受賞。99年勲三等瑞宝章受勲[2]

著書編集

  • 『フンボルト 文人・政治家・言語学者』中公新書 1978
  • 『言葉と世界 ヴィルヘルム・フォン・フンボルト研究』法政大学出版局 2000

翻訳編集

  • フランツ・リストフリードリツヒ・シヨパン』速水冽共訳 宇野書店 1949
  • ヴィルヘルム・フォン・フンボルト『言語と精神 カヴィ語研究序説』法政大学出版局 1984、オンデマンド版2011
  • ハイデッガー全集 第12巻(第1部門 既刊著作 1910-76) 言葉への途上』ヘルムート・グロス共訳 創文社 1996
  • ジョージ・スタイナー『バベルの後に 言葉と翻訳の諸相』(上・下)、法政大学出版局・叢書ウニベルシタス 1999-2009

論文編集

脚注編集

  1. ^ 中公新書『フンボルト』著者紹介
  2. ^ 法政大学出版局