メインメニューを開く

亀岡市立亀岡小学校(かめおかしりつ かめおかしょうがっこう)は、京都府亀岡市にある公立小学校

亀岡市立亀岡小学校
KameokashiritsuKameokashougakkou.JPG
国公私立の別 公立学校
設置者 Flag of Kameoka, Kyoto.svg亀岡市
設立年月日 1872年
共学・別学 男女共学
所在地 621-0864
京都府亀岡市内丸町15番地
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

目次

概要編集

前身は、組合立亀岡小学校であった。市政施行前亀岡市は、「京都府南桑田郡亀岡町」であった。

亀岡市として、1955年昭和30年)に南桑田郡内の16カ町村が合併し、市政施行特例措置法により人口30,000人超えで市政に移行した。この時期に「亀岡市」が誕生し、同期に「亀岡市立亀岡小学校」と改称した。

亀岡小学校の所在地は亀岡市内丸町であり、「内丸」の名のとおり、旧亀山城内(「旧亀山城」は、本能寺の変の勃発時代には、明智光秀の居城であり「亀山城(亀山)」と呼称される。1869年明治2年)に三重県の「亀山」と混同される恐れがあるため、「亀岡」と改称され現在に至っている)の一角に位置し、「亀岡市立亀岡小学校」の近傍には「亀岡市立亀岡中学校」ならびに「京都府立亀岡高等学校」が所在する。

長年、亀岡市内最大の小学校であり、1000人を超える生徒が通っていたが、校区内の人口の高齢化少子化により生徒数は現在、ピーク時の半分以下である。又、市内中心部であり旧亀岡町地域(通称:旧町)に存在するため長年、亀岡市内の初等教育の中心的存在であり障害児学級や、聴覚言語に障害を持つ生徒の為の施設が併設されている。

沿革編集

  • 1872年明治5年)6月 - 邁訓小学校(横町)旧藩文武校の校地に設立
  • 1872年(明治5年)10月 - 成章小学校(安町)設立
  • 1891年(明治24年)4月 - 「邁訓・成章尋常小学校」を合併、「亀岡尋常小学校」と改称
  • 1909年(明治42年)4月 - 高等科を併設、「亀岡第一・第二尋常高等小学校」と改称
  • 1921年大正10年)4月 - 「第一・第二尋常高等小学校」を合併、校名を「亀岡尋常高等小学校」と改称
  • 1927年昭和2年)11月 - 校歌制定
  • 1933年(昭和8年)6月 - 学校誌「桜が岡」創刊
  • 1941年(昭和16年)4月 - 「亀岡国民学校」と改称
  • 1947年(昭和22年)4月 - 「亀岡小学校」と改称、初等科卒業生及び高等科1・2年生修了者は新制中学校編入
  • 1947年(昭和22年)11月 - 学校給食開始
  • 1955年(昭和30年)4月 - 市制移行で「亀岡市立亀岡小学校」と改称
  • 1956年(昭和31年)6月 - 特別学級(障害児学級)開設
  • 1966年(昭和41年)10月 - 新校舎(現校舎)落成
  • 1972年(昭和47年)11月 - 創立百周年記念式挙行
  • 2010年平成22年)7月 – 南校舎耐震工事開始
  • 2010年(平成22年)9月 – 南校舎耐震工事終了

桜ヶ丘編集

亀岡小学校の運動場の南側一帯に「桜ヶ丘」と称する小高い丘があり、児童生徒の恰好の遊び場でもあったが、校舎の増築工事等のため取り壊され、その面影は今はない。 しかし校舎の増築工事が終わってからは、敷地内の南側に桜ヶ丘はある。

おもな出身者編集

関連項目編集

外部リンク編集