事情聴取(じじょうちょうしゅ)とは、ある事件・出来事について、人から事情や状況を聞き取ること。

捜査機関においては、任意捜査の一つである。被害者(告訴権者)や告発者への事情聴取と、逮捕又は勾留される前の被疑者(容疑者)や事件当事者以外の者(参考人)を任意で取り調べる場合とがある。出頭を拒否し、取り調べ途中で退去することができる(刑事訴訟法198条1項ただし書)。被疑者以外の取り調べは刑事訴訟法223条による。223条第二項に「第百九十八条第一項但書及び第三項乃至第五項の規定は、前項の場合にこれを準用する。」とあり、同じ扱いをする部分がある。どちらの条文も「取り調べ」という用語を使っており、「事情聴取」という言葉は用いていない。 テレビドラマで刑事が脅かして証言を採るシーンがあるが実際は恐喝・脅しとされ発覚した場合は無効になる。

関連項目編集

脚注編集