メインメニューを開く

事故の一覧

ウィキメディアの一覧記事

交通事故編集

鉄道事故編集

航空事故編集

船舶事故編集

ただし、軍艦関係の事故については、軍艦の事故の項目を参照。

宇宙開発での事故編集

昇降機・輸送機など編集

エレベーター編集

  • 1922年(大正11年)12月31日 - 東京都中央区日本橋三越の従業員が、貨物用運搬中エレベーターに接触し死亡。
  • 1927年(昭和2年)5月19日 - 東京都千代田区にある丸ノ内ホテルの女性従業員が、乗降口から転落死。
  • 1954年(昭和29年)1月 - 愛知県名古屋市中区にある丸栄百貨店のエレベーターで、客を満載して8階から下降中ドアが開き、43歳の男性客が、エレベーターのかご部分と建物に挟まれる死亡事故が発生[1]
  • 1955年(昭和30年)6月29日 - 岡山県同和鉱業柵原鉱業所で入坑用エレベーターのワイヤーロープが断裂、4人が死亡。
  • 1963年(昭和38年)9月1日 - 東京都墨田区にある同愛記念病院の患者用エレベータのドアが故障、19人が40分間にわたり閉じ込められる。
  • 1966年(昭和41年)9月10日 - 神奈川県川崎市のスポーツセンターのエレベーターで小学生2人が暴れて遊んでいたことから急停止、1人が非常口から脱出を試みるも転落し重傷。
  • 1976年(昭和51年)
    • 6月18日 - 愛知県名古屋市の自宅兼自社ビルでエレベーターが違った階に止まり、開いたドアから女性が転落死。
    • 6月20日 - 東京都板橋区高島平団地で幼児2人が誤って非常停止ボタンを押して急停止、非常口から脱出を試みるが転落して1人死亡。
  • 1982年(昭和57年)12月4日 - 東京都豊島区にあるサンシャイン60の展望台直通エレベーターが57階付近で突然停止、28人が1時間45分にわたり閉じ込められる。
  • 1984年(昭和59年)8月8日 - 神奈川県横浜市保土ケ谷区ニチイ天王町店(現・イオン天王町店)で乗降扱い中に突然かごが作動し、乳母車を引いて降りようとした主婦1名がカゴと建物の間に挟まれ死亡。事故を起こしたエレベーターは前日に点検したばかりだったが、その後の調査で設計の不備から安全装置が作動しなかったものと判明した。事故後エレベーターは撤去されている。なお、このエレベーターはフジテック社製であった。
  • 1994年(平成6年)12月7日 - 神戸市の神戸質屋協同組合会館の貨物搬送用エレベーターが2階部分で停止、手動で作動させようとしたところワイヤーが断裂し、エレベーターが1階部分まで落下。乗っていた4人のうち、3人が軽傷・1人が重傷。
  • 1999年(平成11年)7月31日 - 東京都中央区日本橋馬喰町の飲食店が入居しているビルでネズミが滑車に挟まりエレベーターが停止、乗っていた70歳の女性が一晩中閉じ込められ、翌日昼ごろに救出された。
  • 2004年(平成16年)10月23日 - 東京都港区にある六本木ヒルズでエレベーター6機が新潟県中越地震長周期地震動によって損傷。
  • 2006年(平成18年)6月 - 東京都港区にある23階建ての住宅「シティハイツ竹芝」で高校2年生がエレベーターのかご部分と建物の天井との間に挟まれる死亡事故が発生。事故が発生したエレベーターの製造元であるシンドラーエレベータのずさんな体質が明らかになり、全国的に不祥事として報道された[2]
  • 2007年(平成19年)4月 - 東京都港区にある六本木ヒルズでワイヤーロープ破断からボヤが発生。
  • 2012年(平成24年)10月 - 石川県金沢市にあるアパホテル金沢駅前支店で、清掃作業員の女性が、かご部分とエレベーター床に挟まれ死亡。このエレベーターは2006年に事故を起こしたシンドラー社製であった。

エスカレーター編集

自動ドア編集

家財道具・ごみ屋敷編集

劇場・舞台空間での事故編集

死亡事故のみ。

遊具・遊園地設備事故編集

スポーツ編集

フォーミュラ1編集

スカイダイビング編集

医療事故編集

原発事故編集

炭鉱事故編集

爆発事故編集

花火事故編集

火災事故編集

車両火災編集

電気事故編集

群集事故編集

 
事故発生地点は徳己立街(左)と蘭桂坊(右)の境界

自然災害編集

火山災害編集

土砂災害編集

水没事故編集

落雷事故編集

洞窟事故編集

  • 2018年(平成30年)6月23日 - タイ北部のチエンラーイ県に位置するタムルアン洞窟にて、現地のサッカーチーム「ムーパ・アカデミー」のコーチ1人と少年ら12人の計13人が洞窟に閉じ込められる事故が発生した。この地域ではちょうど雨季に入っており、洞窟探検中に川の水が入り込んで水位が上昇して引き返せなくなったとされる。救助チームのダイバー1人が亡くなったが、翌月10日までに13人全員が無事救出された(参照)。

[28][29]

食品事故編集

異物混入編集

食中毒編集

製品・機器・器具事故編集

PL法に絡む事故。

一酸化炭素中毒事故編集

発煙・発火・破裂事故編集

交通事故編集

建造物崩壊編集

 
サウスフォークダム崩壊によるジョーンズタウン市街地の被害

その他編集

放送事故編集

一気飲み事故編集

飲料品を、一気に飲んだりすることにより、中毒や呼吸困難になり窒息する事故。

  • 1988年(昭和63年) - 高崎経済大学の新入生歓迎会で、同大学の新入生が清酒約5合を一気飲みして急性アルコール中毒になって死亡。
  • 1991年(平成3年) - 中央大学の学園祭で一気飲みコンテストに参加した、他大学の学生が心不全となり死亡。
  • 2007年 - アメリカ合衆国のカリフォルニア州サクラメントでラジオ局が主催した大量の水を飲むことを競うイベントにて、7.6リットルの水をトイレに行かずに飲み干した28歳の女性が水中毒により死亡。
  • 2008年(平成20年) - 一橋大学小平国際キャンパス内の自治学生寮で行われた新入生歓迎コンパに参加していた同大1年の男子学生が急性アルコール中毒で死亡。

一気喰い編集

食料品を一気に食べることなどにより、中毒や呼吸困難になり窒息する事故。

誤食・誤飲事故編集

乳幼児や高齢者に多く、食料品や飲料品以外のものを食べたり飲んだりして窒息や中毒を起こす事故。誤食・誤飲には、煙草ボタン型電池、お金、薬などがある。

酸欠事故編集

おもに、地下ピット地下道などで酸素が欠乏して起こる事故。

工事にて作業を行う場合には、労働安全衛生法に基づく資格(酸素欠乏危険作業者または酸素欠乏危険作業主任者)が必要。

有害物質・微生物の漏出事故編集

化学工場や保管所などから有害物質や有害微生物が漏れ出し、周囲に被害を与える事故。

リング禍(格闘技の試合中における事故)編集

脚注・参考文献編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「買物客はさまれ死亡、名古屋の百貨店で、エレベーターのドア開く」『産業経済新聞 大阪版』1954年(昭和29年)1月5日(大阪府立中央図書館所蔵)
  2. ^ “でたらめシンドラー 世界中で事故”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2006年6月8日). http://www.j-cast.com/2006/06/08001671.html 
  3. ^ 久保浩の昭和ダイアリー
  4. ^ 田才益夫. “ある裏方の死――ピーターパン過労死労災裁定の問題点――”. 2017年9月24日閲覧。
  5. ^ 60年の歩み”. 東京法律事務所. 2017年9月24日閲覧。
  6. ^ CINEMATODAY Inc.. “死亡事故のシルク・ドゥ・ソレイユが公演再開 一部演出を変更”. シネマトゥデイ. http://www.cinematoday.jp/page/N0054866 2013年11月12日閲覧。 
  7. ^ 朝日新聞東京本社版1967年10月23日付朝刊15面、「死のゴーカート遊び」「母親、髪を巻込まる」「むきだしのエンジン」「カバーさえあれば」「故障していた監視用テレビ」
  8. ^ 小樽港内火薬爆発災害の件”. 国立公文書館 アジア歴史資料センター. 2019年9月9日閲覧。
  9. ^ “花火大会で暴発、10人けが 高知”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2008年8月16日). オリジナルの2009年3月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090308114630/http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/080816/dst0808161036001-n1.htm 
  10. ^ 海難審判開始申立のお知らせ 引船海神被引クレーン付台船C/B601送電線損傷事件”. 海難審判庁 (2006年9月22日). 2006年10月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年6月6日閲覧。
  11. ^ “茨城・高萩市のJR高萩駅で男子高校生が電車に登り感電 JR常磐線が一時運転見合わせる”. FNNニュース (フジニュースネットワーク). (2008年8月2日). オリジナルの2008年8月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080811024149/http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00137861.html 
  12. ^ “高校生、「釣竿」振り回す悪ふざけで”大ヤケド””. きままに備忘録and TIPS (きままに備忘録). (2014年7月26日). http://blog.livedoor.jp/aokichanyon444/archives/54893434.html 2016年5月26日閲覧。 
  13. ^ 停車中の新幹線に登って死亡の男を書類送検 架線に触れ全身やけど 神奈川”. 産経ニュース. 産業経済新聞社 (2015年6月8日). 2015年6月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年10月20日閲覧。
  14. ^ “サッカーのTV観戦中に高圧線落下、7人が感電死 ナイジェリア”. AFP (AFP). (2017年4月21日). http://www.afpbb.com/articles/-/3126000 2017年4月21日閲覧。 
  15. ^ 永代橋崩落事故(江戸ワードのホームページ)
  16. ^ 謎解き!江戸のススメ・第97回(江戸の大事故)、2014年2月10日放送
  17. ^ 中嶋 繁雄 『明治の事件史―日本人の本当の姿が見えてくる!』 青春出版社〈青春文庫〉、2004年3月20日、186-188頁
  18. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション2016/3/27閲覧
  19. ^ 沢柳政義『野球場大事典』大空社、1990年、p.288
  20. ^ 沢柳政義『野球場大事典』大空社、1990年、p.292。これとは別の群衆がフェンスを乗り越えようとぶら下がった際にフェンスが転倒し、合計41人の重軽傷者を出している。
  21. ^ “宝くじ 戦後開いた社会の天窓”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2008年11月4日). http://www.yomiuri.co.jp/onkochi/on20081104_55.htm  なお、松本市での死者の死因は脳溢血である。
  22. ^ 阪神球団主催の中日戦については、高校野球期間中を中心に関西圏・岡山県での開催が行われた。
  23. ^ 寒川旭『秀吉を襲った大地震』平凡社新書、2010年
  24. ^ 寒川旭 『地震の日本史』 中公新書、2007年
  25. ^ 中国新聞2014年8月22日『土砂災害の頻発地帯 昭和初期までの安佐南区山本地区』
  26. ^ “サッカー試合中に落雷で障害、高校などに3億円賠償命令”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2008年9月17日). オリジナルの2008年9月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080920024909/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080917-OYT1T00446.htm 
  27. ^ 部活試合中に落雷 生徒が失明 しんぶん赤旗 2005年2月
  28. ^ タイ洞窟での救出活動、ダイバー1人が死亡
  29. ^ タイの洞窟に閉じ込められた少年を助けたい! イーロン・マスク氏の代理人が当局と協議
  30. ^ リコール社告 引き続き、お客様へのお願いです ナショナルFF式石油暖房機を探しています”. アプライアンス社. パナソニック (2008年10月1日). 2017年9月24日閲覧。
  31. ^ 修理・点検の大切なお知らせ”. パロマ. 2017年9月24日閲覧。
  32. ^ “パン店CO中毒、経営者を業務上過失傷害で書類送検 大阪府警”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2008年8月13日). オリジナルの2009年1月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090129173202/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080813/crm0808131350011-n1.htm 
  33. ^ 重要なお知らせ洗濯乾燥機の無料点検・修理の再告知について”. 日立アプライアンス (2008年2月18日). 2013年6月6日閲覧。
  34. ^ (繁体字中国語)不斷更新/南方澳斷橋搜救 14:30尋獲第5具遺體”. TVBS (2019年10月2日). 2019年10月2日閲覧。
  35. ^ “窒息死:小6男児、給食パンのどに詰まり 千葉・船橋”. 毎日jp (毎日新聞社). (2008年10月21日). オリジナルの2008年10月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081021161642/http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081021k0000e040076000c.html 
  36. ^ THE RADIOLOGICAL ACCIDENT IN GOIANIA (Report). IAEA. (1988). http://www-pub.iaea.org/mtcd/publications/pdf/pub815_web.pdf. 

外部リンク編集