メインメニューを開く

地理編集

箱根町中部に位置し、箱根町の強羅元箱根芦之湯小涌谷底倉、および木賀と隣接する。

町の南側に箱根山中央火口丘の丸山、西側には早雲山がそびえ、早雲山の東斜面に二ノ平温泉の温泉街が広がる[4]。温泉街の中央には県道723号線が通り、それに沿うように箱根登山鉄道が走る。登山鉄道の彫刻の森駅横には、1969年に国内初の野外美術館として開園した箱根彫刻の森美術館があり[5]、箱根の有名な観光スポットの一つとなっている。

山岳編集

河川編集

歴史編集

世帯数と人口編集

2015年(平成27年)10月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字 世帯数 人口
二ノ平 287世帯 470人

交通編集

 
箱根登山鉄道・彫刻の森駅
 
二ノ平地区から隣接する強羅地区にかけての県道723号線は箱根登山鉄道と並走する(須沢・強羅橋付近)

鉄道編集

※かつては「二ノ平駅」と呼ばれていたが、彫刻の森美術館開園後の1972年に現在の「彫刻の森駅」に改称された

バス編集

道路編集

施設編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat)”. 総務省統計局 (2017年5月30日). 2018年2月28日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年11月27日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月28日閲覧。
  4. ^ 『箱根 金時山・駒ヶ岳 2011年版 (山と高原地図 29)』 昭文社ISBN 978-4398757692
  5. ^ 箱根 彫刻の森美術館
  6. ^ 箱根町 - 箱根中学校

関連項目編集

外部リンク編集