メインメニューを開く

二位(にい)は、日本の位階及び神階における位の一つである。複数の異なる制度で使われた。律令制および近現代の位階制では、正二位従二位の総称である。

諸王の位編集

天武天皇元年(672年)に壬申の乱で勝利し、翌年(673年)2月27日に即位した天武天皇は、臣下に与えた冠位とは別に、皇子を除く皇族王に三位、四位などの位を与えた。この諸王の位がいつ制定されたかは不明である。

実際の叙位は、天武天皇8年(679年)3月9日に吉備大宰石川王が死後贈位されたことが知られるだけである[1]。一位の例は知られていない。

律令編集

大宝律令以降の日本の律令制では、正二位従二位の二つの位階があり、二位はその総称である。

近現代の位編集

近現代の制度でも引き続き正二位と従二位が置かれた。

脚注編集

  1. ^ 『日本書紀』巻29、天武天皇8年3月己丑条。

参考文献編集

  • 小島憲之・直木孝次郎・西宮一民・蔵中進・毛利正守・校訂・訳『日本書紀』3(新編日本古典文学全集4)、小学館、1998年。