二信組事件(にしんそじけん)とは1990年代に発覚した不正融資事件。東京二信組問題とも呼ばれた。

概要編集

1994年平成6年)に経営破綻に陥った東京協和信用組合安全信用組合の2信用組合の元理事長らが1995年(平成7年)、背任容疑で逮捕された事件。

捜査の過程で、政治家の親族の会社に不正な金が流れたことが判明し、事件は政界に波及。1995年(平成7年)、国会で山口敏夫労相中西啓介防衛庁長官証人喚問される。その後、山口は背任罪偽証罪などで逮捕、起訴され、懲役3年6か月の実刑判決が確定した。

この処理のために受け皿銀行東京共同銀行(現在の整理回収機構)が作られた。

参考文献編集

関連項目編集