メインメニューを開く

二十山(はたちやま)は日本相撲協会年寄名跡のひとつで、初代・二十山(廿山)が四股名として名乗っていたもので、その由来は定かではない。

二十山の代々編集

  • 代目の太字は、部屋持ち親方。
代目 引退時しこ名 最高位 現役時の所属部屋 襲名期間 備考
初代 廿山重五郎 --- ---
2代 琴ノ浦清助 --- ---
3代 木曽川傳吉 --- ---
4代 劔山谷右エ門 大関 二十山-玉垣-阿武松部屋 1852年2月-1854年8月(死去)
5代 鰐石文藏 (2代) 十5 二十山-玉垣-阿武松部屋 1864年10月-1899年6月(死去)
6代 小錦八十吉 横綱 高砂部屋 1900年5月-1914年10月(死去)
7代 小錦八十吉 小結 二十山部屋 1915年1月-1943年3月(死去)
8代 金湊仁三郎 前5 湊川-振分-湊川部屋 1943年3月-1968年5月(廃業)
9代 青ノ里盛 関脇 時津風部屋 1969年3月-1988年4月 14代立田川に名跡変更
10代 鏡里喜代治 横綱 粂川-双葉山-時津風部屋 1988年4月-1988年4月(停年(定年)退職)
11代 佐田の海鴻嗣 小結 出羽海部屋 1988年7月-1990年1月 借株、10代中立に名跡変更
12代 闘竜賢二 関脇 三保ヶ関部屋 1990年2月-1990年9月 借株、11代中立に名跡変更
13代 北天佑勝彦 大関 三保ヶ関部屋 1990年9月-2006年6月(死去)
14代 燁司大 前11 入間川部屋 2006年9月-2008年1月 借株、14代若藤に名跡変更
15代 栃乃花仁 小結 春日野部屋 2008年1月-

関連項目編集