メインメニューを開く

二宮バイパス

二宮バイパス(にのみやバイパス)は、茨城県筑西市から栃木県真岡市にかけて通る国道294号国道408号重複)のバイパスである。

一般国道
国道294号標識国道408号標識
二宮バイパス
一般国道294号バイパス
(一般国道408号重複)
路線延長 4.33 km
制定年 1973年
開通年 1980年 - 1985年
道路の方角 南北
起点 茨城県筑西市
終点 栃木県真岡市
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

目次

概要編集

真岡市の二宮市街地を通る旧道は、茨城県側の常総バイパスの順次開通や真岡工業団地の進出などに伴い交通量が急増し、中心部の交通混雑が問題になるようになった。また、茨城・栃木県境には約300mにわたる急勾配に加えS字カーブが存在しており、幅員も6mと狭かった。このため、交通事故とりわけ下り坂でスピードがついたトレーラーや大型トラックセンターラインをはみ出し沿道の民家に車が飛び込むような大事故が多発し、地域住民が恐れているところであった。

このような状況を解決するために建設されたのが当バイパスであり、旧道の西側を迂回している。1973年に着工し、1985年に全線開通した。

沿線には道の駅にのみやが併設されている。

路線データ編集

なお、常総バイパス、八木岡バイパスは4車線なのに対し二宮バイパスは2車線なので安全性を考えて4車線に拡幅すべきとの声が挙がっている。[1]

沿革編集

地理編集

交差する道路編集

沿線編集

バイパスの位置関係編集

脚注編集

  1. ^ 真岡市議会 議員の質問事項と会議録 2009年12月”. 2013年3月6日閲覧。
  2. ^ 道路の区域変更(昭和59年3月29日 茨城県告示470号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 号外第65号: p.5, (1984年3月29日) 

参考文献編集

  • 広報にのみや 1985年6月号