メインメニューを開く

二宮 宏之 (にのみや ひろゆき、1932年5月 - 2006年3月)は、日本歴史学者。西洋史・フランス史。東京外国語大学名誉教授及びフェリス女学院大学名誉教授。

経歴編集

東京都出身。東京大学文学部西洋史卒業、東京大学大学院人文科学研究科中退。東大助手を経て、1966年東京外国語大学外国語学部助教授、1977年同教授に昇格。東京外国語大学附属図書館長、電気通信大学教授、フェリス女学院大学教授を歴任。パリエコール・ノルマル・シュペリウールに留学。フランス文学者二宮敬は兄。

専門はフランス近世史。主たる研究領域は、フランス農村史農民一揆心性史社会的結合、フランス絶対王政社会文化史高橋幸八郎ジャン・ムーヴレエルネスト・ラブルース他に師事した[1]。特にアナール学派のエルネスト・ラブルース、同学派を形成する一派の心性史研究者のジャン・ムーヴレに師事した縁で、日本におけるアナール学派と心性史の紹介者となり[2]、アナール学派の中心的な関心領域である社会文化史を取り上げたことで網野史学へも影響したとされ[1]、社会科学の思想と方法論についても造詣が深く多くの編著がある。

また国際歴史学会、日仏歴史学会で国際交流を推進。1982年には阿部謹也川田順造良知力とともに雑誌『社会史研究』を創刊。その端正な日本語とフランス語、そしてユマニストの伝統をつぐ教養により、内外にジャック・ル・ゴフをはじめとする多くの友人をもつ。

2006年3月に急逝。死亡記事がルモンド紙に載った[1]フランス共和国より受勲。

著書編集

単著編集

著作集編集

  • 『二宮宏之著作集』、(全5巻:岩波書店、2011年2月より隔月刊)-編集委員は福井憲彦ほか。
第1巻 全体を見る眼と歴史学
第2巻 深層のフランス 
第3巻 ソシアビリテと権力の社会史
第4巻 戦後歴史学と社会史
第5巻 歴史家のメチエ

編著編集

共編著編集

訳書編集

  • ジョルジュ・リヴェ『宗教戦争』(白水社[文庫クセジュ], 1968年, ISBN 4560054282
  • G・ルフェーヴル『革命的群衆』(創文社, 1982年)(岩波文庫, 2007年, ISBN 4003347625
  • ロベール・マンドルー『民衆本の世界――17・18世紀フランスの民衆文化』(人文書院, 1988年)
  • ジャック・ル・ゴフほか『歴史・文化・表象――アナール派と歴史人類学』(岩波書店, 1992年/岩波モダンクラシックス, 1999年)
  • ロバート・ダーントン『革命前夜の地下出版』(岩波書店, 1994年/岩波モダンクラシックス, 2000年, ISBN 4000265431

脚注編集