メインメニューを開く
二木千年

二木 千年(ふたき せんねん、1878年明治11年)9月 – 1928年昭和3年)3月10日[1])は、釧路市長八幡市長

目次

経歴編集

長野県下伊那郡竜江村(現在の飯田市)出身。1898年(明治31年)、東京専門学校英学部を卒業。1905年(明治38年)、早稲田大学法学部を卒業。1908年(明治41年)、高等文官試験に合格した。翌年より内務属として内務省に勤務し、徳島県警視大阪府警視兼事務官などを経て、1914年大正3年)、佐賀県警察部長に就任した[2]

1917年(大正6年)、滋賀県警察部長に転任したが、第13回衆議院議員総選挙における寺内内閣の選挙干渉に従わなかったため、文官懲戒令により免職となった[2]

1923年(大正12年)、初代釧路市長に就任。1925年(大正14年)、愛知県書記官・内務部長として内務省に復帰し、翌年には神奈川県書記官・内務部長に異動となった。1927年(昭和2年)、八幡市長に就任した。

栄典編集

脚注編集

  1. ^ 『昭和四年 国民年鑑』
  2. ^ a b 『釧路発達史』事業及人物pp.1-2
  3. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。

参考文献編集

  • 古川忠一郎『釧路発達史』、1923年。
  • 『昭和四年 国民年鑑』国民新聞社、1928年。