メインメニューを開く

二本柳寛

二本柳 寛(にほんやなぎ ひろし、1917年1912年説もあり[1]11月20日 - 1970年1月28日)は、日本の俳優である[2][3][4]。本名及び旧芸名は黒井 洵(くろい じゅん)[2][3][4]。戦中戦後、主に敵役として活躍した二枚目俳優である。

にほんやなぎ ひろし
二本柳 寛
本名 黒井 洵(くろい じゅん)
生年月日 (1917-11-20) 1917年11月20日
没年月日 (1970-01-28) 1970年1月28日(52歳没)
出生地 日本の旗 日本 北海道札幌市
死没地 日本の旗 日本 東京都品川区
職業 俳優
ジャンル 新劇劇映画時代劇現代劇アクション映画トーキー)、テレビドラマ
活動期間 1933年 - 1970年
配偶者 社敬子
著名な家族 二本柳俊衣(実娘)
主な作品
地下街の弾痕
わたしの名は情婦
涙の港
浅草の肌
私は狙われている
麦秋
めし
太陽のない街

来歴・人物編集

1917年(大正6年)11月20日北海道札幌市に生まれる[2][3][4]横浜高等工業学校(1951年廃校)を卒業[2][3][4]

1933年(昭和8年)、劇団築地座に入団し、『三人姉妹』で初舞台を踏む[2][3][4]。ところが、同劇団は1936年(昭和11年)に解散し、その後は東京中央放送局(現在の日本放送協会)に入社し、そのまま終戦を迎える[2][3][4]。この間、本名の黒井洵名義で1942年(昭和17年)に公開された東宝映画製作の山本嘉次郎監督映画『ハワイ・マレー沖海戦』と、1943年(昭和18年)に製作された満州映画協会東宝映画共作の島津保次郎監督映画『誓ひの合唱』『私の鶯』の3本の映画に出演している[4]が、1979年(昭和54年)に発行された『日本映画俳優全集 男優篇』など、ほとんどの資料では戦後に映画初出演としている[2][3]。また、日本映画データベースでは黒井旬と記載されているが、誤りである。

1947年(昭和22年)、本名で松竹京都撮影所製作の高木孝一沢田正平両監督映画『踊り子劇場』に出演し、芸能界に復帰。1948年(昭和23年)、大映に入社。芸名も二本柳寛と改名して、1949年(昭和24年)2月に公開された安田公義監督映画『最後に笑う男』で主演を務めた滝沢修の敵役が入社第一作となる[2][3][4]。また、本作は京マチ子にとっても大映入社第一作でもあった[2]。二枚目ぶりと重厚な演技がたちまち注目され、1949年(昭和24年)公開の森一生監督映画『地下街の弾痕』で早くも主演に抜擢され、再び京マチ子と共演。続いて同年公開の森一生監督映画『わたしの名は情婦』では、水戸光子演じる麻薬強盗の情婦に取材したのがきっかけで、新聞記者の域を超えて彼女の更生に努力する男を熱演して、スケールの大きな二枚目俳優として大成する事が期待される。以後も森一生監督作品に多く出演していたが、1951年(昭和26年)に惜しまれながら退社した[2][3][4]

退社後は早くも脇役に回り、同年に東宝へ入社するが、僅か1年程で退社してフリーとなる[2][3][4]。以後も多数の作品に主演・助演し、あまり目立たない役が多かったが、1951年(昭和26年)に公開された松竹大船撮影所製作の小津安二郎監督映画『麦秋』では原節子演じる間宮紀子の戦死した兄の親友役、同年の東宝製作の成瀬巳喜男監督映画『めし』では原節子演じる岡本三千代の従兄役、1954年(昭和29年)に公開された新星映画社製作の山本薩夫監督映画『太陽のない街』では組合指導者・萩村を好演するなど、名匠の作品でも堅実な演技力を見せた[2]1956年(昭和31年)、今度は日活へ移籍[2][3][4]。日活名物のアクション映画に脇役として多く出演した。また、テレビドラマにも出演している。

1970年(昭和45年)1月28日創映プロダクションが製作した萩原遼監督映画『やくざ非情史 血の決着』の封切りを待たずに、東京都品川区昭和大学病院心不全のため死去した。58歳没[2][3][4]。ただし『日本映画俳優全集 男優篇』など、一部の資料では1967年(昭和42年)公開の江崎実生監督映画『黄金の野郎ども』を最後に日活を退社としている[2]

脚注編集

  1. ^ 『週刊平凡』、1970年2月12日号
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『日本映画俳優全集 男優篇』 キネマ旬報社、1979年、441頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 『芸能人物事典 明治大正昭和』 日外アソシエーツ、1998年。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 『日本映画美男俳優 戦前編』 ワイズ出版、2014年。

外部リンク編集