メインメニューを開く
 
二条定高
時代 鎌倉時代前期
生誕 建久元年(1190年
死没 暦仁元年1月22日1238年2月8日
改名 忠長(本名)→為定→経光→定高
別名 九条三位
官位 正二位権中納言按察使
主君 九条道家
氏族 藤原北家勧修寺流九条家
父母 父:九条光長、母:藤原朝親
猶父:海住山長房
兄弟 海住山長房定高
正室:藤原親雅
九条忠高九条有経
和徳門院女房按察、花山院定雅室、
吉田為経室、姉小路顕朝室、
尚侍家女房中納言局、一条実経
テンプレートを表示

二条 定高(にじょう さだたか)は、鎌倉時代前期の公卿藤原北家勧修寺流九条家参議九条光長の子。官位正二位権中納言按察使。二条東洞院に邸宅を有していたため「二条」と称される。

経歴編集

建久9年(1198年)に六位蔵人となり、同年従五位下に叙される。以後、諸国の国司を歴任。承元3年(1209年)、兄・海住山長房の参議辞任による譲りを受けて右少弁に抜擢される。建保2年(1214年)に右大弁蔵人頭となり、安房国知行国として与えられる。建保6年(1218年)には参議に任じられ、承久元年(1219年)に従三位に叙され、翌承久2年(1220年)に権中納言に昇る。

葉室宗行から従四位下を譲られる程、親しかったが、承久の乱においては定高は兄・長房と共に後鳥羽上皇の挙兵に反対する立場に回り、宗行と運命を分けた。九条道家から信頼が厚く、特に承久の乱後にはその政治顧問の最上位を占めて平経高らと道家を支えた。特に承久の乱での経緯から鎌倉幕府からは好意的に見られ、関東申次であった道家の下で実際の幕府との交渉を行っていたのは全て定高であったとされている。また、斎宮であった後鳥羽上皇の皇女煕子内親王深草の別邸で引き取ったことでも知られている。貞永元年(1232年)に正二位に昇るが権中納言を辞任、嘉禎2年(1236年)に按察使に任ぜられる。

暦仁元年(1238年)、病のために出家。間もなく死去した。

官歴編集

以下、『公卿補任』の内容に従って記述する。


系譜編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 名字為定、本名忠長。
  2. ^ 蔵人の巡による。名字経光。
  3. ^ 白河院の応長3年御即位の給。
  4. ^ 前近江守参議長房の給。
  5. ^ 元伊賀守。源兼時を越後守に任ずるのを止めての任。
  6. ^ 後白河院嘉応元年御給。
  7. ^ 前越前守
  8. ^ 長房が参議を辞しての申任。大進は元の如し。藤原宣房が権右中弁に転じたことの替。
  9. ^ 宗行朝臣が院司の賞を受けた際の譲り。
  10. ^ 母の喪の間。
  11. ^ 賀茂行幸行事の賞。
  12. ^ 法勝寺御経供養行事の賞。
  13. ^ 臨時
  14. ^ 朝観行幸院司の賞。
  15. ^ この時、藤原国通を超越。


参考文献編集