メインメニューを開く

二条 尹房(にじょう ただふさ)は、戦国時代公家二条家第13代目当主。父は関白二条尚基。母は家女房。

 
二条尹房
時代 戦国時代
生誕 明応5年10月12日1496年11月16日
死没 天文20年8月29日1551年9月29日
墓所 山口県長門市大寧寺
官位 従一位関白准三宮左大臣
主君 後柏原天皇後奈良天皇
氏族 二条家
父母 父:二条尚基、母:家女房
九条経子(九条尚経の娘)
晴良良豊、尋憲、女子[1]
テンプレートを表示

目次

経歴編集

永正5年(1508年)に元服、家の慣例により室町幕府第10代将軍足利義尹(のちの義稙)より偏諱を賜い尹房と名乗った。その後、内大臣を経て同15年(1518年)に関白右大臣となる。大永元年(1521年)、左大臣となり、天文2年(1533年)に准三宮宣下を受けた。同3年(1534年)、再度関白に就任。同14年(1545年)以降は次男・良豊と共に大内義隆を頼って周防国山口に滞在していた。しかし同20年(1551年)に陶晴賢の謀反事件(大寧寺の変)に遭遇し、陶軍に殺害された。享年56。墓所は山口県長門市大寧寺にある。

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ ほかに花山院家輔猶子となり正親町天皇尚侍となった娘もいる。

関連項目編集