メインメニューを開く
二色旗 - 日本の国旗
二色旗 - 日本の国旗
二色旗 - ポーランドの国旗
二色旗 - ポーランドの国旗
二色旗 - ブルゲンラント州旗
二色旗 - 香港区旗
二色旗 - 香港区旗

二色旗(にしょくき)とは、二色で構成された旗のこと。フランス語ではDrapeau de deux couleursイタリア語ではBandiera bicolore英語ではTwo-color flag と呼ばれる。

二色旗は主に国旗や州旗などを始めとする行政区画の旗などに用いられており、世界的に著名なものとしては日本の国旗が知られている。最も古い二色旗には、デンマークの国旗スコットランドの国旗オーストリアの国旗が挙げられる。

変形として「二色旗の中央に紋章を入れているもの」の他「単一色の生地に単一色の図柄・紋章を描き入れたもの」を二色旗とするものもある。

目次

二色旗の例編集

二色の内の一つを線として中央に配置したもの編集

編集

紋章学ではペイル[1]と呼ぶ。

編集

紋章学ではフェス[2]と呼ぶ。


縦2分割編集

紋章学ではパーティ・パー・ペイル[3]と呼ぶ。

※この型の変形としてバーレーンの国旗がある


横2分割編集

紋章学ではパーティ・パー・フェス[4]と呼ぶ。


図柄と背景を単一色にして組み合わせたもの編集

この他編集

過去に存在していた二色の国旗編集

歴史的に二色旗を用いていた国は数あるが、ここではその一部を挙げる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ : pale
  2. ^ : Fess
  3. ^ : Party per pale
  4. ^ : Party per fess

関連項目編集

外部リンク編集

  •   ウィキメディア・コモンズには、二色旗カテゴリに関するメディアがあります。