メインメニューを開く

二軍監督(にぐんかんとく)とは、スポーツチームなどの二軍(ファーム・マイナーリーグ・サテライト・リザーブ)の監督をいう。

日本プロ野球の二軍監督編集

二軍監督の主な役割は試合、プレー面で二軍コーチ、二軍選手を指揮する二軍内責任者である。一軍の監督同様、二軍を常にベストの状態で試合に臨めるチーム体制を作り、優勝を目標とする。なお、この場合の「優勝」は「二軍の優勝」ではなく、「一軍の優勝」である。

二軍の勝利も当然、目標とすべきものである[1]が、あくまで二軍は一軍と異なり、将来の戦力の育成、不振の一軍選手の再調整を行う面もあり、二軍での勝利だけが目標ではない。[2]

二軍監督による育成の巧拙は、数年後の将来への布石となるばかりでなく、直近の一軍勝敗にも直結するため、ヘッドコーチ人事と同様、ここに有為の人材を起用できるかどうかがチームの死活に関わる。また一軍監督への登竜門[3]ともなっており、NPB二軍監督経験ののち一軍でのリーグ優勝を成し遂げた例としては、中日濃人渉(移籍先のロッテで優勝)・辻発彦(移籍先の西武で優勝)、ロッテ大沢啓二(移籍先の日本ハムで優勝)、広島東洋阿南準郎ヤクルト若松勉真中満大阪近鉄梨田昌孝(近鉄・及び移籍先の日本ハムでも優勝)、阪神岡田彰布埼玉西武渡辺久信福岡ソフトバンク秋山幸二がいる。

またNPB二軍ではないが、MLBヤンキース傘下であったコロンバス・クリッパーズ(3A)の監督を経験し、その後、日本ハム一軍監督として優勝し、帰国後MLBの監督を務めたトレイ・ヒルマンの例もある。

脚注編集

関連項目編集