メインメニューを開く

二輪車

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

二輪車(にりんしゃ、: two-wheeler)とは、車輪が2つあるくるま(車両乗り物)のことである。


車輪が前後に配置される物編集

  • ペダルやハンドクランクをこぐ二輪の乗り物 →自転車を参照。
  • 原動機(エンジン)がついた二輪の乗り物。日本の法規では(エンジン付きの乗り物を「自動車」や「自動○○車」などと表現するので)、「自動二輪車」や「二輪の自動車」などと表現されている。[1]。 → オートバイを参照。
  • 地面を脚でけって進む二輪の乗り物 →キックスケーターを参照。

車輪が左右に配置される物編集

  • 人力または動物の力で牽いて荷物を運ぶための二輪のくるま(車両) → 荷車を参照。
  • 人力で牽いて乗客を運ぶ二輪の乗り物 → 人力車を参照。
  • 牛の力で牽いて人や物を運ぶ二輪の乗り物 → 牛車を参照。
  • 馬の力で牽いて人や物を運ぶ二輪の乗り物 → チャリオット馬車を参照。
  • 人力、自転車、原動機付自転車などで牽く二輪の車 → リヤカーを参照。
  • 自転車で牽引することだけを目的に設計された二輪の車 →サイクルトレーラーを参照。
  • 自動車によって牽引される二輪の車 → けん引自動車を参照。
  • 原動機を備え、他の何かを引く(牽引する)ための二輪の車両。→ 二輪トラクターen:Two-wheel tractor
  • 米国で開発され2000年代から販売されている、電動で、人が立った状態で乗る二輪の乗り物 → セグウェイを参照。

その他編集

脚注編集

  1. ^
    • 第二条で、二輪の自動車について排気量別に「大型自動二輪車」「普通自動二輪車」という定義がなされている。
    • 補助標識に関する備考「(六)車両の種類の略称」では、原動機付自転車と二輪の自動車について、二輪という略称を用いることができるとされている。