二階堂 卓也(にかいどう たくや、1947年 - )は、日本の映画評論家、雑誌編集者。本名、大塚 公平(おおつか こうへい)[1]

略歴編集

上智大学文学部新聞学科卒業。小学校時代より映画に親しみ、新東宝東宝時代劇、日活アクション、やくざ映画、香港活劇、そしてマカロニウエスタンに代表されるヨーロッパの娯楽映画全般と、世間がB級、C級と評する映画、ピンク映画などを徹底的に見続け、評論活動を展開[2]

また、昭和50年代[1]から秋田書店にて壁村耐三の下で編集者として活動し、『月刊少年チャンピオン』でどおくまん『暴力大将』などを担当。『週刊少年チャンピオン』では西条真二鉄鍋のジャン!』などの人気連載を立ち上げた[3]

週刊少年チャンピオン』1994年39号[4]から2002年4・5合併号[5]まで第7代編集長を務めた。

著書編集

  • 『さらば闘争の日々』ルック社 1974
  • 『マカロニ・アクション大全 剣と拳銃の鎮魂曲』(映画秘宝) 石熊勝己洋泉社 1999 増補改訂版 2005
  • 『マカロニ・マエストロ列伝 暴力と残酷の映画に生きた映画職人たち』(映画秘宝collection) 洋泉社 2005
  • 『イタリア人の拳銃ごっこ マカロニ・ウェスタン物語』フィルムアート社 2008
  • 『剣とサンダルの挽歌 イタリア歴史活劇映画大全』(映画秘宝collection) 洋泉社 2010
  • 『新東宝・大蔵怪奇とエロスの映画史 海女と天皇と活劇渦巻地帯!』洋泉社 2014
  • 『ピンク映画史 欲望のむきだし』(えろこれ) 彩流社 2014
  • 『洋ピン映画史 過剰なる「欲望」のむきだし』(えろこれ)彩流社 2016

脚注編集