二階堂 行久(にかいどう ゆきひさ)は、鎌倉時代前期から中期にかけての武士鎌倉幕府評定衆

 
二階堂行久
時代 鎌倉時代前期 - 中期
生誕 元久2年(1205年
死没 文永3年12月17日1267年1月13日
改名 行久→行日(法名)
別名 通称:隠岐四郎左衛門尉、隠岐大夫判官、常陸入道
官位 左衛門尉常陸介従五位下
幕府 鎌倉幕府 評定衆
氏族 藤原南家乙麻呂二階堂氏
父母 父:二階堂行村
兄弟 基行行義行久行方惟行
テンプレートを表示

略歴編集

元久2年(1205年)、二階堂行村の子として誕生。寛元元年(1243年)、出家し行日を名乗る。

建長元年(1249年)、評定衆となる。『吾妻鏡』には寛喜2年(1230年)12月9日から弘長3年(1263年)正月18日まで記載がある。 弘長元年(1261年)幕府は新制を発して評定衆と引付衆から誓書を徴したが、行久は提出しなかったため除名となった[1]文永3年(1267年)、死去。

官歴編集

脚注編集

  1. ^ 「吾妻鏡」、『史料総覧』5編905冊58頁
  2. ^ 「関東評定伝」、『大日本史料』延応1年4月13日条、5編12冊392頁
  3. ^ a b c d e f 「関東評定伝」、『史料総覧』5編905冊129頁
  4. ^ 「関東評定伝」、『大日本史料』5編31冊90頁

関連史料編集

  • 「Kokushikan nichiroku」 - 著者:Gahō Hayashi、Shunsai Hayashi、山本武夫、Takeo Yamamoto 出版社:八木書店、2005年、ISBN- 4797112948、ISBN-9784797112948