メインメニューを開く

二階堂 行実(にかいどう ゆきざね)は、鎌倉時代前期から中期にかけての御家人鎌倉幕府政所執事引付衆二階堂氏6代当主。

 
二階堂行実
時代 鎌倉時代前期 - 中期
生誕 嘉禎2年(1236年
死没 文永6年7月13日1269年8月12日
別名 筑前三郎、左衛門尉
官位 従五位下信濃守
幕府 鎌倉幕府 政所執事 引付衆
氏族 藤原南家乙麻呂二階堂氏
父母 父:二階堂行泰
兄弟 行頼行実
宗実
テンプレートを表示

略歴編集

嘉禎2年(1236年)、二階堂行泰の子として誕生。

文永2年(1265年)、鎌倉幕府政所執事、引付衆となる。文永5年(1268年)従五位下、信濃守に叙爵。文永6年(1269年、死去。

出典編集

  • 安田元久『鎌倉・室町人名事典』(新人物往来社、1990年)