二階堂行忠

鎌倉時代中期の御家人。鎌倉幕府 評定衆 政所執事。二階堂氏9代、信濃流信濃家の祖

二階堂 行忠(にかいどう ゆきただ)は、鎌倉時代中期の御家人鎌倉幕府政所執事

 
二階堂行忠
時代 鎌倉時代中期
生誕 承久3年(1221年
死没 正応3年11月21日1290年12月24日
幕府 鎌倉幕府 評定衆 政所執事
氏族 藤原南家乙麻呂二階堂氏
父母 父:二階堂行盛
兄弟 行泰行綱行忠
行宗安達長景
テンプレートを表示

略歴編集

承久3年(1221年)、二階堂行盛の子として誕生。『吾妻鏡』1222年(貞応元年)9月21日条に「籐民部大夫行盛の妻男子平産す」とあるのが行忠である。

政所執事は代々主に二階堂行盛の子孫が世襲している。最初は二階堂行泰が継ぎ、その後に子である行頼行実が継ぐがそれぞれ早死にする。その後政所執事を継いだ行泰の弟の二階堂行綱の家系でも子・頼綱が政所執事を継いで2年後に死去したため、政所執事の職には当時評定衆であり叔父・行忠が63歳という高齢で就任することになる。

行忠の嫡子・行宗は引付衆まで進んだが行忠より早く没しており、行忠の没後は孫・行貞が22歳で政所執事に就任した。

正応3年(1290年)、死去。

脚注編集

[脚注の使い方]