メインメニューを開く

二階堂 行政(にかいどう ゆきまさ)は、平安時代後期から鎌倉時代にかけての公家鎌倉幕府源氏家令・後に政所執事十三人の合議制の一人。代々政所執事を務めた二階堂氏の祖。後に鎌倉郡にある永福寺の周辺に、二階堂村を得たことから二階堂の苗字を称した。

 
二階堂行政
時代 平安時代後期 - 鎌倉時代
生誕 不明
死没 不明
官位 民部大夫
主君 源頼朝頼家
氏族 藤原南家乙麻呂二階堂氏
父母 父:工藤行遠
母:藤原季兼娘(藤原季範妹)
秦氏の娘
行村行光
テンプレートを表示

目次

家系編集

家系は藤原南家乙麻呂流で父は工藤行遠、母は源頼朝の外祖父で熱田大宮司・藤原季範の妹で、その関係から源頼朝に登用されたと見られているが、二階堂行政公家高家であり、御家人にはなってはいないが、別当として朝廷や幕府に対して絶大な影響力が有ったことは事実である。

尊卑分脈・二階堂系図」によれば工藤維遠工藤維行が駿河守、工藤維頼が遠江権守で代々従五位下。「続群書類従・工藤二階堂系図」では維遠、維行、維頼、行遠の4代が遠江守に任官したことになっているが、いずれも二階堂氏として家を興した後に作成された系図であろうことから割り引いて考える必要がある。ただし父・工藤行遠は保延年間(1135 - 1141年)に遠江国司を殺害して尾張国に流配されており、そのときに熱田大宮司・藤原季範の妹との間に行政が生まれている。藤原季範の父は『尊卑分脈』によれば三河国に住みながら尾張目代を務めており、当時の受領国司の子弟が、在地に勢力を張るという図式に当てはめれば、行政の祖父らは遠江・駿河などに留住してある程度の勢力を持っていたのかもしれない。

鎌倉での経歴編集

行政の『吾妻鏡』での初見は元暦元年(1184年)8月24日条であり、新造の公文所棟上げの奉行として三善康信と共に登場する。おそらくはこの少し前に鎌倉に下向し、頼朝に仕えたものと思われる。同年10月6日条の新造公文所の吉書始では、別当・大江広元(当時は中原)の元に寄人として列席している。

文治5年(1189年)の奥州合戦では、『吾妻鏡』9月7日条の藤原泰衡の郎従・由利八郎を生虜った件での相論を奉行し、また、その翌日の9月8日条には、朝廷への奥州合戦の次第を報告するにあたってそれを行政が書いたことが記されている。五味文彦はこの奥州合戦の軍奉行は行政であったのだろうとする。

その翌年の建久元年(1190年)9月15日条の源頼朝の上洛では路次の事、貢金、その他全体の雑事を沙汰する諸事奉行人の筆頭に行政の名が見える。その他、この時期『吾妻鏡』に見える沙汰等に行政の名が多く見られ、『吾妻鏡』建久2年(1191年)1月15日条に政所では別当・大江広元に次ぐ政所令として「主計の允藤原朝臣行政」とある。その後の建久4年(1193年)、五位に叙され民部大夫と呼ばれるようになり、同年に政所別当が複数制になった時に別当に昇格した。

正治元年(1199年)4月12日条には頼朝の跡を継いだ源頼家が直に諸訴論に関与することを停止し、13人の重臣が合議して決定することになったとあるが、その中に民部大夫行政の名も入っており、大江広元、三善康信と並んで初期鎌倉政権を支えた実務官僚であったことが解る。

子孫編集

その子孫は二階堂氏を名乗り、二階堂行光系が政所執事をほぼ世襲した。またもう一人の子・二階堂行村建暦3年(1213年)の和田合戦における5月4日条においてに「山城判官行村奉行たり。行親・忠家これを相副う」とあり、軍奉行として合戦記・論功行賞を取り纏めている。この家は代々検非違使を世襲した。

二階堂行政、二階堂行光、二階堂行村の筆録は『吾妻鏡』の編纂において、かなり利用されていると見られており、吾妻鏡 元久元年(1204年)9月15日条、建保元年(1213年)12月19日条などには二階堂行光を顕彰する記事も見られる。

仁治元年閏十月廿日【将軍家藤原頼経政所下文】1240年 将軍家政所下 左兵衛少尉藤原行氏  可令早領知肥前国鏡社、可守永平幷行阿例也、伊勢国益田庄、尾張国西門真庄、参河国重原庄、相模国懐島内殿原郷、 陸奥国信夫庄内鳥和田村等地頭職事、 右人、任父親左衛門尉基行法師法名行阿今年十月十四日譲状、守先例、  可令領知之状、所仰如件、以下、   仁治元年閏十月廿日案主左近将曹菅野知家事弾正忠清原 令左衛門少尉 藤原 別当前武蔵守平朝臣(北条泰時 花押

出典編集

  • 太田亮『姓氏家系大辞典』角川書店、1963年
  • 太平記
  • 五味文彦 『増補 吾妻鏡の方法―事実と神話にみる中世』(吉川弘文館、2000年)
  • 細川重男 『鎌倉政権得宗専制論』 (吉川弘文館、2000年)