メインメニューを開く

五ヶ瀬高千穂道路(ごかせたかちほどうろ)は、宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町から同高千穂町へ至る、国道218号バイパスで、九州中央自動車道並行する一般国道自動車専用道路である。総延長は9.2km[1]

一般国道自動車専用道路(A')
(無料)
Japanese National Route Sign 0218.svg
五ヶ瀬高千穂道路
路線延長 9.2km
起点 宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町
終点 宮崎県西臼杵郡高千穂町
接続する
主な道路
記法
E77 九州中央自動車道
Japanese National Route Sign 0218.svg国道218号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

概要編集

インターチェンジなど編集

  • 施設名欄の背景色がである部分は施設が供用されていない、または完成していない事を示す。
  • 未開通のIC/JCT名は仮称。
施設名 接続路線名 起点から
(km)
備考 所在地
E77 九州中央自動車道 蘇陽IC方面 (基本計画区間)
五ヶ瀬東IC 0.0 事業中 五ヶ瀬町
高千穂IC 国道218号(五ヶ瀬高千穂道路) 9.2 高千穂町
E77 九州中央自動車道(基本計画区間)

歴史編集

  • 2013年(平成25年)10月 - 第1回九州地方小委員会において、計画段階評価手続き着手。
  • 2015年(平成27年)3月 - 「全線新設で南側ルート」、「全線新設で北側ルート」、「全線国道218号を改良」の3案が提示される[2]
  • 2018年(平成30年)3月30日 - 五ヶ瀬高千穂道路として事業着手[1]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集