メインメニューを開く

五十嵐 洋一(いがらし よういち、1946年9月23日 - )は、東京都出身のプロ野球審判員で元審判部副部長。

目次

来歴・人物編集

横浜翠嵐高校から法政大学を経て1967年パシフィック・リーグ審判部入局。前川芳男審判部長とは同期生である。審判員袖番号は11977年初採用から1998年自主退職まで、2004年以降は秋村謙宏審判員が付けている)。

大学浪人中にアルバイトでアマ野球の審判を行ったことが、プロ審判となるきっかけとなった。1986年の日本シリーズ第8戦で球審を務めるなど、着実にキャリアを積み重ねていたが、1998年12月25日、定年まで3年を残して連盟より契約解除処分を受けた。同年の11月23日傷害事件を起こしたことが解雇の理由であった(連盟は依願退職を勧めたが、五十嵐はこれを拒否し「解雇してくれ」と言った)。この件がなければ、リーグ6人目の通算3000試合出場、そして次期審判部長の座は確実だったという意見もある。

通算試合出場数は2833。オールスター5回(1976年、1980年、1984年、1989年、1992年)、日本選手権シリーズ9回(1984年、1986年、1989年、1992年〜1994年、1996年〜1998年)それぞれ出場。オールスターでは1980年と1984年第3戦、日本シリーズでは、1989年1993年に第1戦、1998年に第2戦、1994年に第6戦、1986年に第8戦のそれぞれ球審を担当している。

2015年8月末まで東京都赤坂お好み焼き屋を経営していた。

愛犬家でもある。

主な審判試合編集

装備編集

プロテクター編集

  • 五十嵐は審判員採用当初から、インサイドプロテクターでの球審に臨みたかっが、当時の上役に相談した所「アメリカでやっている事を真似るのはとんでもない」と反対された。五十嵐は身長177cmと長身だが、体重は当時70kg位しかなく、インサイドプロテクターでの球審には線が細いから反対されたと思われる。彼は泣く泣くアウトサイドプロテクターでの球審を長年務めていたが、1986年ぐらいに念願のインサイドプロテクターへ変更[1]し、アウトサイド時代と変わらない正確な判定を下していた。

マスク編集

  • 五十嵐はアウトサイドプロテクター時代バーマスクだったが、インサイドプロテクター変更と同時にフレームマスクに変更。変更間もない頃はスロートガードを付けていなかったが、途中から吊り下げスロートガードを装着。またマスクも、一時期当時はまだ珍しいクレストカラーパッドのマスクで球審をしていた。

上着編集

脚注編集

  1. ^ この年は前川芳男部長と藤本典征元パリーグ審判部長もインサイドプロテクターへ変更している

関連項目編集

外部リンク編集