メインメニューを開く

五十嵐 清(いがらし きよし、1925年大正14年)5月12日2015年平成25年)9月12日 )は、日本法学者北海道大学名誉教授法学博士新潟県新潟市出身。比較法学の第一人者。

目次

略歴編集

  • 1944年(昭和19年)9月 - 新潟高等学校文科乙類
  • 1948年(昭和23年)3月 - 東京大学法学部法律学科卒業
  • 1950年(昭和25年)3月 - 東京大学大学院特別研究生前期修了
  • 1950年(昭和25年)4月 - 北海道大学法経学部助教授。東京大学法学部にて内地研究員。
  • 1953年(昭和28年)8月1日 - 北海道大学法学部助教授
  • 1959年(昭和34年)4月1日 - 北海道大学法学部教授(比較法講座担当)
  • 1961年(昭和36年)4月1日 - 北海道大学評議員
  • 1961年(昭和36年)10月26日 - 東京大学より法学博士の学位を受く(学位論文「事情変更の原則に関する比較法的研究」)
  • 1966年(昭和41年)1月 - 北海道大学法学部長・同大学院法学研究科長。北海道大学評議員
  • 1984年(昭和59年)4月 - 西ドイツゲッティンゲン大学客員講師
  • 1989年(平成元年)3月31日 - 北海道大学停年退官 
  • 1989年(平成元年)4月 - 北海道大学名誉教授
  • 1989年(平成元年)4月 - 札幌大学法学部教授
  • 1996年(平成8年)3月 - 札幌大学退職
  • 2005年(平成17年)4月 - 北海学園大学大学院法務研究科教授(比較法・民法担当)
  • 2008年(平成20年)3月 - 北海学園大学退職
  • 2015年(平成27年)9月 - 逝去。叙正四位[1]

研究領域編集

専門は比較法学・民法総則不法行為法。個人研究としてヨーロッパ近代法史・国際私法法社会学も研究対象としている。また、各大学または法科大学院では、民法を担当し民法に関する学術書も出しているが、基幹の研究は、あくまで比較法である。

受賞歴編集

主著編集

  • 『比較法入門』(日本評論社、1968年)
  • 『比較民法学の諸問題』(一粒社、1976年)
  • 『概観ドイツ法』(共編、東京大学出版会、1971年)
  • 『民法と比較法』(一粒社、1984年)
  • 『民法Ⅰ(総則)』(編著)(日本評論社、1986年)
  • 『私法入門(改訂2版)』(有斐閣、1991年/初版・2006年)
  • 『新版 注釈民法13巻』(共編著)(有斐閣、1996年)
  • 『現代比較法学の諸相』(信山社出版、2002年)
  • 『法学入門(第3版)』(悠々社、2002年/新版・2007年)
  • 『比較法ハンドブック』(勁草書房、2010年)

など多数

恩師編集

門下生編集

民法総則・比較法分野

  • 矢吹徹雄 - 北海学園大学大学院法務研究科教授
  • 伊藤知義 - 中央大学大学院法務研究科教授
  • 篠田優 - 北星学園大学経済学部経済法学科教授、元北海学園大学大学院法務研究科非常勤講師
  • 阿曽正浩 - 北見工業大学工学部教授

債権法・契約法分野

不法行為法・医事法・法哲学・法社会学分野

  • 藤岡康宏  - 早稲田大学及び北海道大学名誉教授
  • 久々湊晴夫 - 北海学園大学大学院法務研究科教授
  • 旗手俊彦 - 札幌医科大学医療人育成センター准教授
  • 宮澤節生 - 青山学院大学大学院法務研究科教授

脚注編集

  1. ^ 平成27年10月21日官報