メインメニューを開く

五十嵐 立青(いがらし たつお、1978年6月12日 - )は、日本政治家茨城県つくば市長(1期)。元つくば市議会議員(2期)。

五十嵐 立青
いがらし たつお
生年月日 (1978-06-12) 1978年6月12日(40歳)
出生地 茨城県つくば市
出身校 筑波大学国際総合学類卒業
ロンドン大学UCL公共政策研究所修士課程修了
筑波大学大学院人文社会科学研究科修了
所属政党 無所属
称号 博士(国際政治経済学
公式サイト いがらし立青オフィシャルサイト

当選回数 1回
在任期間 2016年11月17日 - 現職

Flag of Tsukuba, Ibaraki.svg 茨城県つくば市議会議員
当選回数 2回
在任期間 2004年11月30日 - 2012年
テンプレートを表示

目次

来歴編集

茨城県つくば市出身。茨城県立土浦第一高等学校卒業[1]筑波大学国際総合学類卒業、ロンドン大学UCL公共政策研究所修士課程修了、筑波大学大学院人文社会科学研究科修了。国際政治経済学の博士号をもつ[2]

父は筑波大学名誉教授の五十嵐滋、母は元つくば市議の五十嵐弘子。兄の五十嵐朝青は2017年に東京都千代田区長選挙に立候補した(結果は落選)[3]

筑波大学大学院在学中の2004年(平成16年)、つくば市議会議員選挙に出馬し初当選[4]。2008年(平成20年)に再選。

2012年(平成24年)、つくば市長選挙に出馬するも落選。2016年(平成28年)、2度目の挑戦となる市長選で初当選を果たした。11月17日、市長就任[5]

市長選の結果編集

2012年つくば市長選挙

2012年(平成24年)10月28日執行。現職の市原健一、元県議の桜井よう子、前県議で日本共産党県委員の山中泰子ら3候補を相手に戦うも次点で落選[6]

※当日有権者数:163,489人 最終投票率:54.54%(前回比:-3.9ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
市原健一61無所属36,010票41.12%(推薦)自民党公明党みんなの党
五十嵐立青34無所属28,048票32.03%
桜井よう子70無所属16,864票19.26%
山中泰子61無所属6,650票7.59%(推薦)日本共産党
2016年つくば市長選挙

2016年(平成28年)11月13日執行。「2015年8月の住民投票で白紙撤回された総合運動公園問題の完全解決」を第一の公約として掲げ出馬[7][8]。自民党の推薦を得て現職の市原健一の支援を受けた元市議会議長の飯岡宏之、元市長の藤澤順一の支援を受けた元民主党衆議院議員の大泉博子ら2候補を破り、初当選を果たした。投票率は過去最低を記録した[9]

※当日有権者数:174,956人 最終投票率:53.31%(前回比:-1.23ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
五十嵐立青38無所属40,069票43.75%
飯岡宏之54無所属35,346票38.59%(推薦)自民党
大泉博子66無所属16,180票17.66%

脚注編集

外部リンク編集