メインメニューを開く

五十嵐顕(いがらし あきら、1916年12月20日1995年9月17日)は、日本の教育学者、東京大学名誉教授。

福井県出身。東京帝国大学卒。文部省教育研修所(現国立教育研究所)所員、東大教育学部助教授、68年東大教授。77年定年退官、名誉教授、中京大学教授。教育財政学、マルクス主義教育学、ソビエト教育学を研究した。

目次

著書編集

  • 『民主教育論 教育と労働』青木書店 1959
  • 『国家と教育』明治図書出版 1973
  • 『民主教育とはなにか』1976 青木教育叢書
  • 『教育入門』1977 新日本新書
  • 『マルクス主義の教育思想』1977 青木教育叢書
  • 『民主教育と教育学』1978 青木教育叢書
  • 『人間の心教育の心』あゆみ出版 1981
  • 『「わだつみのこえ」を聴く 戦争責任と人間の罪との間』青木書店 1996 

共編著編集

翻訳編集

  • クララ・ツェトキン『民主教育論 労働者階級と教育』明治図書出版 1964
  • ヘルンレ『プロレタリア教育の根本問題』明治図書出版 1972 世界教育学選集
  • レーニン教育論』大月書店国民文庫 1973

参考編集

  • デジタル版日本人名事典:[1]