五反田 義治(ごたんだ よしはる、1976年 - )は日本のゲームクリエイター。株式会社トライエース代表取締役社長。

目次

略歴編集

高校生の頃から日本テレネットに所属し、ゲームの開発に関わる。

スーパーファミコン版『緋王伝』開発の際にメインプログラムを担当した事から頭角を現すようになるが、同スタッフの新作であるスーパーファミコン版『テイルファンタジア』(のちに名称変更し、『テイルズ オブ ファンタジア』として発売)開発の際に、元請けのナムコと衝突。則本真樹初芝弘也らと共に独立しトライエースを設立する事になる。

トライエースでは取締役システム開発部長として同社の開発部門を統括、現在は浅沼穣より社長職を引き継ぎ、全面的に同社の活動を指揮している。

「STRAIGHT」という名で音楽活動も行っていたことがあり、スターオーシャンのオラクルルームでも「すとれと」と名乗っている。トライエース作品で音楽を担当している桜庭統との交流も深い。また、トライエースの作品によく出演している声優東地宏樹の大ファンと自負している。

近年、Game Developers Conferenceなどのゲーム開発者を中心とした会議で、3Dグラフィックス関連の技術を積極的に発表している。

作品編集

関連項目編集

外部リンク編集