メインメニューを開く

五島 盛佳(ごとう もりよし)は、肥前福江藩の第6代藩主。五島家第26代当主である。

 
五島 盛佳
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 貞享4年9月2日1687年10月7日
死没 享保19年8月6日1734年9月3日
改名 国千代・万吉(幼名)、盛佳
別名 盛高(別名)、主税(通称)
戒名 覚岸院殿天量和卒大居士
墓所 長崎県福江市福江の大円寺
官位 従五位下、大和守、近江
幕府 江戸幕府
肥前国福江藩
氏族 五島氏
父母 父:五島盛暢、母:宮崎氏
兄弟 盛佳本多成興
正室:堀田正虎の養女(堀田正休の娘)
側室:林氏、利代(中村氏)、竹女(川島氏)、直女、伊東氏、連女
盛道、娘(松平康年正室)
テンプレートを表示

生涯編集

貞享4年(1687年)9月2日、第5代藩主・五島盛暢の長男として生まれる。元禄4年(1691年)に父が死去したため、家督を継いだ。しかし5歳の幼少のため、叔父の五島盛延旗本久松松平家に養子に入っていた)が後見人となった。

人事の一新、家臣救済のために借金返済の凍結、元禄11年(1698年)には新田開発を行い、新田からは3年間の年貢免除を行うなど改革を進めたが、元禄14年(1701年)には凶作となり、元禄15年(1702年)には捕鯨業も不振であり、次第に財政難が表面化してゆく。なお、この年の9月18日に元服した。

宝永7年(1710年)には材木の輸出を行い、商人に対して財政援助の融資を求めるなどしたが、ほとんど効果はなかった。享保6年(1721年)には領内の労働人口を把握して確保するため、「人付け改め」と呼ばれる徹底した人身把握政策を開始し、各世帯の家族数・年齢・世帯主との続柄・出自・身分を細かく人付帳に記載した。

享保13年(1728年)8月11日、家督を長男・盛道に譲って隠居する。享保19年(1734年)8月6日に死去した。享年48。