五島 盛次(ごとう もりつぐ)は、肥前国福江藩3代藩主。五島家23代当主である。

 
五島盛次
時代 江戸時代前期
生誕 元和4年(1618年
死没 明暦元年10月9日1655年11月6日
改名 孫次郎(幼名)、盛次
戒名 昌屋泰久大円寺
墓所 東京都文京区本駒込の吉祥寺
官位 従五位下淡路守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱
肥前福江藩
氏族 五島氏
父母 五島盛利七里玄通娘梅子
兄弟 盛次盛清日向正春室ら
櫛笥隆朝
盛勝
テンプレートを表示

略歴編集

元和4年(1618年)、第2代藩主・五島盛利の長男として生まれる。寛永19年(1642年)に父が死去したため、家督を継いだ。しかし生来から病弱で、江戸屋敷に住んで静養するだけであり、藩政は弟の盛清が代行した。

慶安4年(1651年)には弟によって家臣団の禄制・序列・階級の改正などが行なわれている。しかし藩政の主導権などをめぐって弟と対立し、その心痛が原因になって明暦元年(1655年)10月9日に急死した。享年38。跡を長男・盛勝が継いだ。

系譜編集