メインメニューを開く

五月みどりのかまきり夫人の告白

五月みどりのかまきり夫人の告白』(さつきみどりのかまきりふじんのこくはく)は、1975年公開のポルノ映画。主演:五月みどり、監督:牧口雄二、脚本:安西英夫東映京都撮影所製作、東映配給。併映『新仁義なき戦い 組長の首』(主演:菅原文太、監督:深作欣二)。

五月みどりのかまきり夫人の告白
監督 牧口雄二
脚本 安西英夫(野波静雄
出演者 五月みどり
山城新伍
森崎由紀
岡八郎
伊吹吾郎
音楽 渡辺岳夫
撮影 塩見作治
編集 神田忠男
配給 東映
公開 日本の旗1975年11月1日
上映時間 65分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

元祖セクシー熟女とも称される[1][2]五月みどりポルノ初主演映画[3]。五月演じる魔性の女に男たちが次々と誘惑され、破滅していくという内容[4][5]

牧口雄二の監督三作目であるが、二作目の『玉割り人ゆき 西の廓夕月楼』が半年お蔵入りしたため、本作が先に公開されている[6]

ストーリー編集

タレントの五月みどりは、大学教授で評論家の夫・津島泰一とおしどり夫婦で知られていたが、二人の仲は冷えきっていた。欲求不満をつのらせるみどりは車に乗り込み性の冒険旅行へ出かける。
<パート1>
サーキット場で命知らずな走りをみせるレーサー・沢井。みどりと関係を持った沢井は死ぬのが怖くなり成績が落ち事故死する。
<パート2>
みどりは隣家の主人・湯川研一郎をサラリと誘惑。のぼせ上がった研一郎は、みどりと一緒になりたいと家と土地の権利書を売り払い、新居用のマンションを購入した。
<パート3>
産婦人科を訪れたみどりは、幻想的な気分に襲われ股を開く。川村良夫医師との行為を人に聞かれ"悪徳の婦人科医、次々患者を犯す"という記事が新聞に載る。
<パート4>
湖畔の別荘でみどりはホモの恋人に捨てられた美少年・泉弘美に出会う。みどりは弘美を優しく愛撫し、女の素晴らしさを教えてやり弘美はホモを抜ける。
<パート5>
みどりはスポンサーとしてお世話になっているヴィナス化粧品に挨拶に行った。そこの重役・松本がみどりにしつこく言い寄る。
<パート6>
みどりはゴルフ場で見かけた好みの男・木元健次と切っ掛けを作ろうとゴルフバックを間違えて持ち帰る。バックを開けると中からライフルが出てきた。男は殺し屋だった。数日後、みどりの家に忍び込んだ健次とセックスする。二人の生活が始まるが健次を狙う殺し屋の襲撃に遭い、健次は全身蜂の巣となって息絶える[5][7]

製作経緯編集

企画編集

当時の東映社長・岡田茂直々の肝いり企画[8]。映画タイトルも岡田による命名[2]1974年暮れ、『エマニエル夫人』が日本で公開されるや、シルビア・クリステル扮する有閑夫人がファッショナブルな映像で奔放にセックスする映画を、女性向きの「ソフトポルノ」などと宣伝して女性客が殺到し配収17億円の大ヒット[9][10]。当時弱小だった日本ヘラルド配給の大当たりを見た日本の興行界は便乗作品を企画した[2]。日本ヘラルドは上映館の狭い劇場が多く満員で入場をお断りされるお客があぶれると予想したのである[10]。日本でもセックスに自由な女性タレントを求め、そのターゲットにズバリ当てはまったのが1974年に『平凡パンチ』誌上に熟女ヌードを発表した五月みどりだった[2][8]。しかしながら『エマニエル夫人』のシルビア・クリステルが当時22、3歳で、同作には若妻の性の目覚めがテーマとしてあったが、五月みどりはこのとき34、5歳である。岡田社長が五月の"熟れたお色気"に痺れ本作を企画する[8]。しかし最初は日活ロマンポルノが五月に白羽の矢を立て『東京エマニエル夫人』と題した映画の主役に迎えようとした[2][11]。しかし五月がこれを固辞し(田口久美主演で製作)[11]、若い頃世話になった東映に義理立てし、まずは東映製作のテレビドラマプレイガールQ』41話で"東京エマニエル夫人"を演じると続いて映画の主演も決定する[8]。企画は『エマニエル夫人』の日本版だったが、日活が既に『東京エマニエル夫人』を映画化しており、東映は別のタイトルへの変更を余儀なくされる。そこで『温泉みみず芸者』や『温泉スッポン芸者』、『三匹の牝蜂』など、生物系タイトルが好きな岡田が『五月みどりのかまきり夫人の告白』と命名し[2]、五月みどりの性遍歴を映像化する東映ポルノ実録作品として企画された[2]。五月は本作に於いて、男を食い、男を殺す、「かまきり夫人」=「五月みどり」のイメージを決定的にし[12]1983年には同じ東映で『悪女かまきり』が撮られた[2]。熟女エロスの女王の座を確たるものにした五月は、テレビに、歌に、ステージに熟れた肉体を露出した[2]

脚本・監督編集

最初は成沢昌茂脚本、井上昭監督で進められていたが[13]、主役サイドからのクレームで変更された[13]。脚本の安西英夫は野波静雄ペンネーム[13]。三度も脚本を書き直した[8]

キャスティング・撮影編集

五月みどり

五月の淫女伝説は前述のように本作の前年、1974年に『平凡パンチ』誌上に突如ヌード写真を発表したことに始まる[2]。当時35歳の二児の母であった年増歌手のヌードは世間をアッといわせ、しかも熟れた肉体には、若くて青臭いヌード女優にはない、濃厚で芳醇なエロスがあり、日本の熟女信仰はこの時に始めるとも評される[2]。ヌードの発表はこの年発売したシングル『わたし今夜もイライラよ』の宣伝目的であったが、それまで脱ぐのは恥ずかしくて考えもしなかったというが、いちどヌードを撮ってもらうと「仕事となれば、なんでもないぞと思うようになった」という[2]。これを受けてオファーされたのが本作であった[2]2012年沖縄国際映画祭では、熟女好きを公言するピース綾部祐二ロバート秋山竜次らが参加して本作の上映会が開催され五月みどりも登場。「30代はセックスのことばかり考えていました」などの大胆発言のリップサービスをした[4]。五月の衣装は冒頭のネグリジェを始め、ほとんどが自前の私服だった話した[4]

その他

夫役の山城新伍アドリブが多く[4][7]、エロ物でよくある向かいの女性の股を足でいじるシーンも山城がアドリブで行ったという[7]。また2000年代以降、バラエティ番組の出演も多い伊吹吾郎がセリフが一言もない殺し屋を演じる。牧口監督は「彼はセリフがない方がいいね」と述べている[7]。牧口監督は五月みどりについて、2014年のインタビューでは「現場は気楽でした。五月さんは自分の見せ方を知っていて、こちらも照明を間接光にして、いかにかわいく撮るかに集中して。五月さん(今も)テレビで見ても昔と替わっておりませんね」[13]、1999年のインタビューでは「あの人は天真爛漫で良い女でしたね。自分の魅力を知っていて全部さらけ出すという..本当に綺麗でした」[7]、1996年のインタビューでは「あの女優さんには振り回されました。息の長い芸能人は、やっぱり厳しいですね。他人に対しては」と述べている[14]

キャスト編集

スタッフ編集

逸話編集

  • 本作は五月みどりが実名で役を演じ、「五月みどりの性遍歴を再現ドラマにした」と宣伝したため、五月の当時の婚約者が怒り「変えろ」と変更を要求。このため物語全部が夢だったというオチに変更している[13]。 
  • 東映系の東映洋画が『ディープ・スロート』を輸入した際の編集を請け負った向井寛が、日活ファッション・ポルノと称してシリーズ化していた『東京エマニエル夫人』の田口久美を招聘して『東京ディープスロート夫人』を製作し『五月みどりのかまきり夫人の告白』の一ヵ月後に封切った[10]。また東映は当時、クリスチーナ・リンドバーグ[15]などの外国のポルノ女優を日本に招いて映画を製作していた実績から[16]、シルビア・クリステルを日本に呼び『エマニエル夫人 京都の休日』なる、『ローマの休日』の"エマニエル夫人版"を企画した[17]。しかし『続エマニエル夫人』の公開を予定していたヘラルド映画が「営業妨害だ」と怒って頓挫した[17]

脚注編集

  1. ^ 五月みどりの かまきり夫人の告白/東映チャンネル
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 藤木TDC「日本最高の熟女観音 それが五月みどり その魔性のフェロモン性を語る」『実話裏歴史スペシャル』第28巻、ミリオン出版、2015年7月1日、 59-63頁。
  3. ^ テリー伊藤対談「五月みどり」(1)能天気な性格でストレス知らず
  4. ^ a b c d 五月みどりの大胆“セックス発言”に綾部ら熟女芸人失神寸前熟女芸人大興奮、五月みどりの「かまきり夫人」鑑賞 ... - ナタリー熟女大好き芸人が五月みどりのポルノ映画を客席で鑑賞!過激な濡れ場にピース綾部は「もうダメだ!」と絶叫!
  5. ^ a b エロ・グロ・純情 東映カルトプリンス 牧口雄二の世界/ラピュタ阿佐ヶ谷
  6. ^ 「『玉割り人ゆき』の世界」『映画秘宝』、洋泉社、2010年6月、 83頁。キネマ旬報』1975年9月下旬号、 170-171頁。『キネマ旬報』1976年4月春の特別号、 175頁。
  7. ^ a b c d e f 杉作J太郎・植地毅(編著)「作品紹介、牧口雄二インタビュー」『東映ピンキー・バイオレンス浪漫アルバム』徳間書店、1999年、191、200-203頁。ISBN 4-19-861016-9
  8. ^ a b c d e 「何匹の男を食うか"五月かまきり"」『週刊読売』、読売新聞社、1975年10月25日号、 33頁。
  9. ^ 「エマニエル夫人」意外な功績 - 東京スポーツ年 譜 - 古川勝巳 ヘラルドOB会
  10. ^ a b c 「東映ニューポルノと呼ばれた男たち 向井寛/若松孝二」『東映ピンキー・バイオレンス浪漫アルバム』、252-255頁
  11. ^ a b 伊地智啓『映画の荒野を走れ プロデューサー始末半世紀』インスクリプト、2015年、97-98頁。ISBN 978-4-900997-56-1
  12. ^ 加東康一「再婚、五月みどり35歳 そのカマキリ的熟れ方」『週刊読売』、読売新聞社、1975年11月1日号、 134-135頁。
  13. ^ a b c d e f g h 「牧口雄二インタビュー(前編)」『映画秘宝』、洋泉社、2014年7月、 72-75頁。
  14. ^ 筒井武文・多田功「ロングインタビュー牧口雄二」『女獄門帖 引き裂かれた尼僧』ワイズ出版〈日本カルト映画全集8〉、1996年、39頁。
  15. ^ クリスチナ・リンドバーグ特集 - かなざわ映画の会
  16. ^ 「東映マークの海外女優日本襲来!!」『東映ピンキー・バイオレンス浪漫アルバム』248-251頁
  17. ^ a b 週刊朝日』、朝日新聞社、1975年8月8日号、 36頁。

外部リンク編集