五条高長

鎌倉時代前期から中期の公卿。従二位・式部大輔。五条家の祖・初代
 
五条高長
時代 鎌倉時代前期 - 中期
生誕 承元2年(1208年
死没 弘安7年11月24日1285年1月1日
別名 菅原高長、高辻高長
官位 正二位参議
主君 安徳天皇後鳥羽天皇土御門天皇順徳天皇後堀河天皇四条天皇後嵯峨天皇
九条道家
氏族 菅原氏高辻家
父母 父:菅原為長、母:弁曉の娘
兄弟 菅原長貞高辻泰親菅原公良高辻長成高長菅原長明、長円、藤原俊親
長経
テンプレートを表示

五条 高長(ごじょう たかなが)は、鎌倉時代前期から中期にかけての公卿菅原高長高辻高長とも。参議菅原為長の子。官位従二位式部大輔五条家の祖。

経歴編集

元仁元年12月(1225年)若くして文章生となる。嘉禄3年(1227年)に文章得業生。

安貞2年(1228年)に従五位下甲斐権守に叙任される。兵部少輔阿波介大内記などを歴任し、仁治3年(1242年)に長門守に任ぜられたのち従四位下、続いて従四位上に叙される。建長6年(1254年)に、大学頭文応元年(1260年)に文章博士と代々務めていた官職を承る。

弘長2年12月(1263年従三位に叙され公卿に列す。文永8年(1271年)に従二位・式部大輔に叙任され、翌文永9年(1272年)に豊前権守となる。建治元年(1275年)に式部大輔を辞退した後は15年間官職に就くことはなかった。弘安7年11月24日(1285年1月1日)薨去。享年77。

官歴編集

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 以下、『公卿補任』による。