メインメニューを開く

五輪真弓

日本の女性シンガーソングライター

五輪 真弓(いつわ まゆみ、1951年1月24日 - )は、日本女性シンガーソングライター東京都中野区出身。

五輪真弓
生誕 (1951-01-24) 1951年1月24日(68歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都中野区
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ピアノギター
活動期間 1972年 -
レーベル CBS・ソニー / UMI
1972年 - 1984年
CBS・ソニー
1985年 - 1990年
Sony Records
1990年 - 2004年
Sony Music Direct
2007年 -)
事務所 ロレイユ
公式サイト 五輪真弓オフィシャル・サイト

目次

人物編集

1972年10月、CBS・ソニー(現・ソニー・ミュージックレコーズ)より、アルバム『五輪真弓/少女』とシングル「少女」の同時発売でデビュー。最初のアルバム『五輪真弓/少女』はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスのクリスタル・サウンド・スタジオでレコーディングされた。このレコーディングには五輪のデモテープを聴いて感銘を受けたキャロル・キングチャールズ・ラーキーも参加し、ストリングスの中ではデヴィッド・キャンベルヴィオラを弾いている。アルバムはオリコンでは最高6位にランク。いわゆる海外レコーディングを商業的に成功させた先駆者としても日本の音楽界に大きな影響を与え、その後さまざまな歌手やミュージシャンたちがそれに追随した。

マスメディアでは「和製キャロル・キング」と謳われ、日本女性シンガーソングライターの草分けと呼ばれた。

1976年、4thアルバム『Mayumity』を絶賛したCBSフランスから現地(フランス)でのアルバム制作の申し出があり、初めての渡仏。翌年フランス語によるアルバム『えとらんぜ』が発売された。機を同じくしてサルヴァトール・アダモと出会い、彼の2週間にわたるオランピア劇場でのコンサートにゲストとして招かれた。

また、この時期以降積極的にTV等メディアへの露出も増えていく。特に1978年3月21日発売の「さよならだけは言わないで」のヒットにより、フジテレビ夜のヒットスタジオ』やTBSテレビザ・ベストテン』(今週のスポットライト・コーナー)など、歌番組への生出演が多く見受けられるようになる。

1980年にリリースされたシングル「恋人よ」は当初はB面(カップリング)用の曲であったが、歌入れの後にその出来の素晴らしさにA面として発売されることになった。「恋人よ」は大ヒット、彼女の代表曲となり、同年の第22回日本レコード大賞金賞を受賞した。その後美空ひばり淡谷のり子の重要なステージ・レパートリーにもなり、後世へと伝えられる曲となった。ちなみにこの曲はソニーの六本木スタジオにて録音された。編曲船山基紀である[1]

しかしそれ以降、歌謡曲ファンを取り込むことになった反面、それまでのファンは抵抗を感じた向きもあるといわれる。これに対して五輪はこう語っている。

「私は昭和中期の歌謡曲を聴いて育ち、日本の叙情的な良さの影響を受けています。フランスで仕事をして日本人であることの誇りにめざめ、そのひとつが歌謡曲でした。『さよならだけは言わないで』は曲もアレンジ、サウンドすべてが歌謡曲であり、自分にとってはかなりの冒険でしたが、案の定いともたやすく大衆にとけこみました。だからと言って、それまで書いたものを否定するわけもなく、紛れもない五輪真弓のスタイルであり、今もずっと持ち続けている世界です。ただ、それを画期的なチャレンジとか、もうひとつの側面として受け止めて頂ければ嬉しいですね。しかし、『恋人よ』に関して言えば…日本の歌謡曲の枠におさまらない普遍的な歌です。これが言語や文化の異なる外国でも歌われている理由ではないかと思います。」

1980年代後半からは結婚・出産・育児のため活動をセーブし、表立った活動を控えていた時期もあったが、2000年代に入ってからは徐々にその活動を再び活発化させており、その古典的かつ普遍的な作風は、豊かな声質と歌唱と共に、今もなお国内外で高い評価を得続けている。

NHK紅白歌合戦』には、1980年「恋人よ」で初出場を果たし、1988年まで通算5回出場している。

2017年現在、ソニー・ミュージックに所属している日本人女性歌手では在籍期間が最も長い(男性歌手を含めると郷ひろみに次ぐ長さ)。また、日本人シンガーソングライターとしては最長の在籍期間である。

日本国外での人気編集

1980年代には東南アジアでも「心の友」(元々は1982年発売のアルバム『潮騒』収録の楽曲)を中心にヒットが多く生まれた。「恋人よ」は現在も中国韓国ベトナムなど東南アジア各国で根強い人気を博している。

インドネシアでは「心の友」は知らない人がいないくらい有名な曲である。インドネシアのラジオ関係者が日本で五輪のコンサートへ行き、その際買ったアルバムの中にこの曲が入っており、インドネシアのラジオで流したことで人気となった。五輪としては、地味な曲だけになぜインドネシアで「第二の国歌」とまで言われるまで大ヒットしたのかが不思議だったという。インドネシアでは日本人が来ると歓迎の意味で、この曲を日本語で歌うことが多い。また、スマトラ島沖地震での復興の際にも被災者の支えになったといわれている。2005年には、インドネシアの歌手・DELONインドネシア語版と共に、スマトラ沖地震チャリティー・シングルとして「KOKORO NO TOMO」をデュエット・レコーディングしリリースしている。

上記作品の他に「愛の蜃気楼(砂の城)」は、ベトナムに於いて「Sa mạc tình yêu」(ベトナム語:「砂漠の愛」)というタイトルで、様々な歌手によってカヴァーされている。

ライブでは、1982年香港香港スタジアムで初の日本人ワンマンコンサートを行い、8000人の香港ファンが駆けつけた。翌1983年再び香港に渡り、クイーンエリザベスホールで2日間のコンサート。そして2014年7月15日、31年ぶりとなる香港でのコンサートを催行。会場のコンベンションエグジビジョンセンターは5000人の観客で埋まった。1986年5月のインドネシア・ジャカルタのスナヤン・コンベンションホールでワンマン・コンサートを行い、7000人を動員した。1992年5月マレーシア公演は国際交流基金の主催でプトラ・ワールド・トレード・センターにて、シーラ・マジツトをゲストに行われた。

ディスコグラフィ編集

シングル編集

発売日 タイトル カップリング 規格
CBS・ソニー / UMI
1st 1972年10月21日 少女 空を見上げる夜は EP
2nd 1973年3月21日 汚れ糸 EP
3rd 1973年7月1日 昨日までの想い出 黒猫とゆりかご EP
4th 1973年10月1日 煙草のけむり EP
5th 1974年2月21日 冬ざれた街 春風 EP
6th 1974年7月1日 ミスター・クラウディ・スカイ あじさいの花 EP
7th 1974年10月1日 酒酔草 ちいさな水たまり EP
8th 1975年2月21日 落日のテーマ 旅路 EP
9th 1975年10月21日 うつろな愛 リンゴの樹の下で EP
10th 1976年4月1日 ジャングルジム 浜辺 EP
11th 1977年6月21日 清い流れのように EP
12th 1977年10月21日 ゲーム 東京 EP
13th 1978年3月21日 さよならだけは言わないで 春に咲く花 EP
14th 1978年9月21日 残り火 恋愛ともだち EP
15th 1979年4月21日 夜汽車 一葉舟 EP
16th 1979年9月21日 合鍵 岐路(みち) EP
17th 1980年3月21日 約束 こんなにもあなたを EP
18th 1980年8月21日 恋人よ ジョーカー EP
19th 1981年3月7日 運命 春・のすたるじい EP
20th 1981年9月21日 リバイバル 手紙 EP
21st 1982年3月21日 ジグソーパズル 行きずり EP
22nd 1982年6月21日 問わず煙草 あなたのいない夜 EP
23rd 1982年9月22日 抱きしめて (愛は夢のように) 野性の涙 EP
24th 1983年4月21日 真夜中のラブソング ラブリーデイ EP
25th 1983年10月1日 時計 夜行列車 EP
26th 1983年12月10日 野性の涙 EP
27th 1984年3月5日 他人がえり ジェラシー EP
28th 1984年6月1日 熱いさよなら ラブ EP
CBS・ソニー
29th 1985年12月5日 密会 ジュ・テーム EP
30th 1986年3月5日 風の詩 EP
31st 1986年4月1日 時の流れに〜鳥になれ〜 EP
32nd 1986年8月27日 泣かないで 家路 EP
33rd 1987年4月1日 そしてさよなら 恋しさは今 EP
34th 1988年9月21日 ハロー、マイ・フレンド 恋しても EP
8cmCD
35th 1990年10月21日 おまえ 忘れたくない恋 8cmCD
Sony Records
36th 1992年4月22日 さよならは一度だけ 微笑みは出会いと共に 8cmCD
37th 1992年8月21日 いつも そして いつまでも 海辺の恋 8cmCD
38th 1994年2月21日 悲しみにまかせて See You Again 8cmCD
39th 1996年2月1日 うたかた 春・のすたるじい (Rearranged ver.) 8cmCD
40th 1996年5月22日 恋は突然に 風よ 8cmCD
41st 1997年1月22日 時は過ぎて いつかあなたと 8cmCD
42nd 2000年7月19日 愛の約束/心の歌 8cmCD
43rd 2004年6月23日 ふれあう時を信じて 夢は時を越え マキシシングル (CCCD)
マキシシングル (CD)
Sony Music Direct
44th 2013年7月24日 BORN AGAIN 花のように マキシシングル

デュエットシングル編集

名義 発売日 タイトル c/w 規格 発売元
五輪真弓 duet with DELONインドネシア語版 2005年8月24日 KOKORO NO TOMO Try To Remember マキシシングル Sony Records

オリジナル・アルバム編集

発売日 タイトル 規格
CBS・ソニー / UMI
1st 1972年10月21日 五輪真弓/少女 LP
2nd 1973年7月1日 風のない世界 LP
3rd 1974年7月21日 時をみつめて LP
4th 1975年10月21日 Mayumity - うつろな愛 LP
5th 1977年6月21日 えとらんぜ LP
6th 1977年11月1日 蒼空 - TODAY LP
7th 1978年12月5日 残り火 LP
8th 1979年11月21日 岐路 LP
9th 1980年9月6日 恋人よ LP
10th 1981年9月21日 マリオネット LP
11th 1982年10月21日 潮騒 LP
CD
12th 1983年10月21日 窓 〜せめて愛を〜 LP
CD
CBS・ソニー
13th 1985年12月5日 風の詩 LP
CD
14th 1986年9月5日 時の流れに LP
CD
15th 1987年5月21日 Wind and Roses LP
CD
16th 1988年9月30日 ノスタルジー LP
CD
17th 1990年10月21日 名もなき道 CD
Sony Records
18th 1992年8月21日 The Memorial Album CD
19th 1994年3月9日 Personal CD
20th 1996年2月1日 21世紀 CD
21st 2003年4月9日 Time To Sing CD
Sony Music Direct
22nd 2007年10月31日 Welcome Hybrid SACD

ライブアルバム編集

発売日 タイトル 規格
CBS・ソニー / UMI
1st 1974年3月21日 冬ざれた街 LP
2nd 1975年3月21日 本当のことを言えば LP
3rd 1975年12月5日 The SHOW - best concert album '75 LP
4th 1981年4月1日 春愁 LP
5th 1983年4月21日 MAYUMI ITSUWA '83 CD
6th 1984年7月21日 1984五輪真弓ライヴ 熱いさよなら LP
CD
Sony Music Direct
7th 2016年10月19日 五輪真弓ライブ 心の友〜 AFTER DECADES CD

ベストアルバム編集

発売日 タイトル 規格
CBS・ソニー / UMI
1st 1977年 五輪真弓 the best LP
2nd 1977年11月21日 五輪真弓 全曲集 LP
3rd 1978年8月1日 MY SONGS/さよならだけは言わないで LP
4th 1981年7月1日 五輪真弓 コレクション LP
5th 1982年6月21日 COLLECTION '82 LP
CBS・ソニー
6th 1985年11月10日 五輪真弓全集/フェイバリット・ソングス CD
7th 1986年4月21日 五輪真弓 ベスト・コレクション CD
8th 1987年11月1日 五輪真弓 33 ALL singles CD
9th 1988年7月1日 Four Songs 8cmCD
10th 1989年11月22日 ニュー・ベスト・セレクション CD
Sony Records
11th 1991年9月1日 Anniversary Eve 〜Brand-new Best〜 CD
12th 1991年11月1日 Another Face 〜English Best Selection〜 CD
13th 1993年6月21日 アンソロジーVOL.1 CD
14th アンソロジーVOL.2
15th 1996年2月1日 NOW & FOREVER〜五輪真弓ベスト・コレクション〜 CD
16th 2002年2月20日 MAYUMI CLASSICS CD
17th 2003年12月17日 BLUE ANTHOLOGY CD
18th 2005年12月21日 MAYUMI THE BEST〜KOKORO NO TOMO CD
Sony Music Direct
19th 2009年6月10日 GOLDEN☆BEST deluxe 五輪真弓 コンプリート・シングルコレクション CD
20th 2013年10月23日 Lovers & Friends Blu-spec CD2
21st 2017年8月30日 GOLDEN☆BEST五輪真弓-スペシャルセレクション- CD

ビデオ編集

発売日 タイトル 規格
CBS・ソニー
1st 1983年5月1日 五輪真弓'83 VHS
LD
2nd 1987年1月21日 五輪真弓 ライブ・時の流れに LD
3rd 1987年9月21日 Wind And Roses CDV
4th 1988年4月1日 MASTER PIECE VHS
Sony Records
5th 1993年1月10日 五輪真弓20周年コレクション コンサートツアー '92〜'93 VHS

タイアップ一覧編集

楽曲 タイアップ 収録作品
野性の涙 NHK 銀河テレビ小説『今ぞ恋しき』主題歌 シングル「野性の涙」
熱いさよなら TBS系『ザ・サスペンス』エンディングテーマ シングル「熱いさよなら」
銀座ジュエリーマキ CMソング シングル「空」
時の流れに〜鳥になれ〜 銀座ジュエリーマキ・カメリアダイアモンド CMソング シングル「時の流れに〜鳥になれ〜
泣かないで 銀座ジュエリーマキ CMソング シングル「泣かないで」
そしてさよなら 関西テレビフジテレビ系『夏樹静子サスペンス』主題歌 シングル「そしてさよなら」
忘れたくない恋 テレビ朝日系『トゥナイト』エンディングテーマ シングル「おまえ」
さよならは一度だけ 読売テレビ日本テレビ朝の連続ドラマ愛情物語』主題歌 シングル「さよならは一度だけ」
いつもそしていつまでも ニッセイ愛の唄『ロングラン』CMソング シングル「いつもそしていつまでも」
恋は突然に テレビ東京系『徳光和夫の情報スピリッツ』エンディングテーマ シングル「恋は突然に」
時は過ぎて 東映配給映画『流れ板七人』主題歌 シングル「時は過ぎて」
愛の約束 ハウス食品『こくまろ』CMソング シングル「愛の約束/心の歌」
心の歌 NHK『五七五紀行』テーマソング
ふれあう時を信じて テレビ東京系『ワールドビジネスサテライト』エンディングテーマ シングル「ふれあう時を信じて」
BORN AGAIN NHKラジオラジオ深夜便』より シングル「BORN AGAIN」

NHK紅白歌合戦出場歴編集

主な提供楽曲編集

この他、松田聖子にも『ミュージックフェア』の番組内企画として「街角のカフェテラス」を提供(作詞・作曲)。後に五輪自身の歌唱により「熱いさよなら」として発売されている。

NHKみんなのうた編集

  1. 遠いまち(作詞・作曲・歌。1976年2~3月初回放映。映像には五輪本人が出演)※未音盤化
  2. 星の子供たち(作詞・作曲・歌。1998年6~7月初回放映)※未音盤化

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ アルバム『恋人よ』(1980年9月6日発売)復刻盤CD1990年9月15日発売/規格品番:CSCL-1235)より。

外部リンク編集