井ノ原快彦

日本の男性歌手
画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2022年5月

井ノ原 快彦(いのはら よしひこ、1976年昭和51年〉5月17日[3] - )は、日本俳優歌手タレント司会者ニュースキャスター

いのはら よしひこ
井ノ原 快彦
生年月日 (1976-05-17) 1976年5月17日(46歳)
出生地 日本の旗 日本東京都台東区浅草
出身地 日本の旗 日本東京都品川区八潮
身長 175 cm[1]
血液型 A型
職業 アイドル俳優歌手司会者タレントキャスター
ジャンル テレビドラマ映画CM舞台情報番組
活動期間 1988年[2] -
活動内容 1995年:V6、歌手デビュー
配偶者 瀬戸朝香2007年 - )
事務所 ジャニーズ事務所
公式サイト Johnny's net > 20th Century
主な作品
テレビドラマ
アリよさらば
若者のすべて
サイコメトラーEIJI
警視庁捜査一課9係』シリーズ
早海さんと呼ばれる日
特捜9』シリーズ
映画
ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY
天国は待ってくれる
461個のおべんとう
バラエティ
出没!アド街ック天国
備考
V6の元メンバー、20th Centuryの最年少メンバー
テンプレートを表示

男性アイドルグループ[4]V6の元メンバー、20th Century(トニセン)の最年少メンバー。愛称は「イノッチ[3]

東京都台東区浅草出身で、品川区八潮育ち[5]ジャニーズ事務所所属。妻は女優瀬戸朝香

来歴編集

1988年、12歳でジャニーズ事務所に入る[2](同期は山口達也)。

1995年11月1日、V6のメンバーとして『MUSIC FOR THE PEOPLE』でデビュー(当時19歳5ヶ月)。

2001年4月から2006年3月まで、フジテレビ系列の子供向け番組『ポンキッキーズ21』→『ポンキッキーズ』のMCを5年間担当。

2006年から2017年まで毎年放送された『警視庁捜査一課9係』に、浅輪直樹役で出演。2018年の続編『特捜9』から主演。

2007年9月28日、かねてから交際中だった女優の瀬戸朝香との結婚を発表。翌日に婚姻届を提出[6]。2010年に長男[7]、2013年に長女が誕生[8]

2010年3月29日から2018年3月30日まで、NHK総合テレビあさイチ』の初代キャスターを8年間務める[9]

2015年4月、『出没!アド街ック天国』の2代目司会(あなたの街の宣伝部長)に就任[10][11]。同年12月31日、『第66回NHK紅白歌合戦』の白組司会者を務める[12]

2021年4月から2022年3月までの1年間はNHK『みんなのうた』放送開始60周年のアンバサダー就任。

2021年11月1日、V6が解散[13]。それに伴い20th Centuryのメンバー及びソロタレントのみの活動となる。

人物編集

子供の頃住んでいたのは浅草[5]東京都品川区[5]の団地で育つ。当時の同級生からは「イノ」と呼ばれていた[14]主演の映画『ピカ☆ンチ』シリーズは、彼が過ごした団地でのエピソードを描いている[15][出典無効]

芸能界入りの動機は子どもの頃にドラマ『西部警察』を観たことで、石原軍団を目指していた。しかし「食が細いので無理だと思ったから」と、石原軍団を諦めジャニーズに入る道を選んだ[16]

V6内ではMCの役割を担い、トークを回している。グループ活動のほか、多くの番組で司会進行を務めており、『あさイチ』放送開始後はアナウンサーと間違われるようになった[17][信頼性要検証]

自身のソロ曲のほか、V6や20th Centuryの楽曲の作詞作曲をよく手掛けている(詳細は作詞・作曲を手掛けた楽曲を参照)。

同学年である香取慎吾松岡昌宏と親しい[18]

国分太一とは「たいのっち」というコンビ名で『たいのっちのオールナイトニッポン』(ニッポン放送、2003年7月24日、12月19日)を行い、TBSでも『タイノッチ』という番組を持っていた。

出演編集

テレビドラマ、映画における太字は主演。

テレビドラマ編集

映画編集

劇場アニメ編集

吹き替え編集

テレビ番組編集

バラエティ番組編集

単発番組編集

  • お仕事バラエティー がんばれ!ジョブチくん(2008年10月13日、NHK総合) - 司会[31]
  • 約束のチカラ(2009年8月13日、NHK総合) - 司会
  • NHKスペシャル(NHK総合) - 司会
    • 「アレルギーを治せ!」(2011年11月20日)
    • 「がんワクチン〜“夢の治療薬”への格闘〜」(2012年11月18日)
    • 「腸内フローラ〜解明!驚異の細菌パワー〜」(2015年2月22日)
    • 「発達障害~解明される未知の世界~」(2017年5月21日)
    • シリーズ「体感 首都直下地震」(2019年12月1日 - 12月8日)
    • 体感再び 首都直下地震(2021年3月22日)[注 1][32]
  • スパモク!!『英才教育TV』〜失敗しない子育て大公開SP〜(2012年4月5日、TBS)- 司会
  • サタデーバリューフィーバー「択」(2012年10月6日、日本テレビ) - 司会
  • ザ・ラストショー〜エンディング図鑑〜(2012年12月16日、テレビ朝日) - 司会
  • カスペ!『あなたが知りたかった禁断の裏側ここまで見せるか!SP〜fakebook〜』(2013年3月8日、フジテレビ) - 司会
  • “奇跡の一本松”を追って(2013年3月20日、NHK総合) - ナレーション
  • スパニチ!!『あの町はなんで1位なの?』(2013年12月8日、TBS) - 司会
  • 金曜プレミアム・爆買いJAPAN(2015年11月6日、フジテレビ) - 司会
  • NHK認知症キャンペーン わたしが伝えたいこと〜認知症の人からのメッセージ(2015年12月14日、NHK総合)
  • 認知症 ともに新しい時代へ「驚きの介護術でみんなハッピー!」(2017年4月26日、NHK総合)- 司会
  • 池上彰と宇宙の旅2018(2018年3月28日、TBS)- 司会
  • お取り寄せ不可!?列島縦断 宝メシグランプリ(2018年11月23日、NHK総合)- 司会
    • 列島縦断 宝メシグランプリ2019(2019年10月14日、NHK総合)- 司会
    • 列島縦断 宝メシグランプリ2021(2021年1月11日、NHK総合)- 司会
    • 列島縦断 宝メシグランプリ2022(2022年1月1日、NHK BSプレミアム)- 司会[33]
  • いよいよスタート!BS4K BS8K 開局スペシャル(2018年12月1日、NHK BS4KNHK BS8K・NHK総合)- 司会
  • 宇宙プロジェクト2019(2019年3月13日、TBS)- 司会
  • セカンドの美学 (NHK BSプレミアム)
  • 県索しちゃいました(2020年2月21日、テレビ朝日) - 司会
    • 県索しちゃいました 日本にはビックリなグルメがあったもんだSP(2020年7月16日、テレビ朝日) - 司会
  • ピンチをチャンスに変えた!THEグレートジャッジ〜今を乗り越えるヒントとは?〜(2020年6月16日、朝日放送テレビ) - 司会[注 2]
  • 24時間テレビ 「愛は地球を救う」(2020年8月22日 - 2020年8月23日、日本テレビ) - メインパーソナリティー
  • ありがとうを3.11に伝えよう委員会(2021年3月13日、NHK総合)
    • ありがとうを3.11に伝えよう委員会2022(2022年3月12日、NHK総合)
  • レギュラー番組への道(NHK BSプレミアム) - 司会
    • 今のうちに聞いておかないと一生後悔するよ「学生運動」(2021年8月20日)
    • 今のうちに聞いておかないと一生後悔するよ「オイルショック」(2021年8月27日)
    • ゆるスポ部、ガチです!〜運動オンチが下克上!?〜(1)(2022年2月18日)[36]
    • ゆるスポ部、ガチです!〜運動オンチが下克上!?〜(2)(2022年2月25日)
  • メイちゃんとアンちゃん〜キラキラ人生の裏事情〜(2021年9月26日、毎日放送)- 司会
  • 推し匠さんの幻ツアー(2022年3月19日、日本テレビ)- MC [37]
  • 鉄道ファンがガチ投票!駅総選挙(2022年5月2日、テレビ朝日)- スペシャルプレゼンター[38]

情報番組編集

  • バンクーバーオリンピック(2010年2月20日 - 2月28日、テレビ東京) - メインキャスター[39]
  • あさイチ(2010年3月29日 - 2018年3月30日、NHK総合) - キャスター[9]
    • 夜なのにあさイチ 漢方スペシャル(2012年2月25日、NHK総合)
    • 夜だけど…あさイチ 家庭内別居スペシャル(2014年8月11日、NHK総合)
    • 夜だけど…あさイチ「母が重たいSP」(2014年12月27日、NHK総合)

音楽番組編集

  • 第43回思い出のメロディー(2011年8月13日、NHK総合) - 司会
  • 第66回NHK紅白歌合戦(2015年12月31日、NHK総合・ラジオ第1) - 白組司会
  • みんなのうた60(2021年 - 2022年、NHK教育)- アンバサダー
    • みんなのうた60スペシャル ~60年イヤースタート!~(2021年2月27日、NHK教育)- 司会
    • みんなのうた60 生放送~バースデースペシャル!~(2021年4月3日、NHK教育)- 司会
    • AIでせまる!『みんなのうた60』とっておき思い出スペシャル!(2022年1月24日、NHK教育) - 司会[40]
    • みんなのうた60フィナーレ~みんなと共にこれからも~(2022年3月5日、NHK教育)- 司会[41]

ラジオ編集

  • 今日は一日“みんなのうた60”三昧(2022年1月10日、NHKFM)- アンバサダー[40]

広告編集

舞台編集

書籍編集

著書編集

連載編集

  • Seventeen「女のコにはわかるまい。」(1997年 - 1999年、集英社
  • TV Kids「イノッチでいこう!」(1998年 - 2000年、集英社)
  • POPBEAT「音からウロコ」(2001年、主婦と生活社
  • 日経エンタテインメント!「アイドル武者修行」(2002年-2008年、日経BP社)
  • Johnny's web「イノなき」(2003年6月1日 - 2010年3月31日/ 2020年3月31日 - 、ジャニーズ事務所)
  • Myojo「虹の橋で踊ろう!」(2004年 - 2011年、集英社) - 岡田准一と協同連載
  • Wink Up「うれしみ ぽっちくん」(2004年 - 2020年、ワニブックス
  • 朝日新聞「コドモ界にリンク」(2005年)
  • BE-PAL小学館
    • 「ガレージイノッチ」(2009年 - 2012年)
    • 「ココロはいつもカイライフ」(2012年 - 2014年)
    • 「井ノ原快彦の作る椅子」(2014年 - 2016年)
    • 「井ノ原快彦の野外日曜大工店」(2016年 - 2019年)
    • 「井ノ原快彦のつくりびと」(2019年 - )
  • 東京新聞「私の東京物語」(2015年4月28日 - 5月12日)

作品編集

ソロ曲編集

CD収録曲編集

DVD収録曲編集

作詞・作曲を手掛けた楽曲編集

特記なき限り、JASRAC公式サイトの「作品データベース検索サービス」[56]において、権利者に「井ノ原快彦」を含む楽曲の検索結果をもとに記述。

  • ダーザイン〜風の吹く街で〜(作詞・作曲) - アルバム『ROAD』収録曲。
  • おやすみ(作詞・作曲) - アルバム『! -attention-』収録曲。
  • bird cage(作詞:20th Century、作曲:井ノ原快彦) - シングル『Precious Love』収録曲。
  • 20th Revolution(作詞・作曲) - DVD『VERY HAPPY!!!』収録曲。
  • ニコ(^^)ニコ(作曲) - ライブツアー『V6 Summer Tour 2001 Volume6』にて披露。CD・DVD未収録。
  • For you(作詞・作曲) - DVD『LIV6』収録曲。CD未収録。
  • サイクルセンター長野(作詞・作曲) - DVD『LOVE&LIFE 〜V6 SUMMER SPECIAL DREAM LIVE 2003〜』収録曲。CD未収録。
  • アップルパイ(作詞・作曲) - DVD『LOVE&LIFE 〜V6 SUMMER SPECIAL DREAM LIVE 2003〜』収録曲。CD未収録。
  • LOVE&LIFE(作曲) - DVD『LOVE&LIFE 〜V6 SUMMER SPECIAL DREAM LIVE 2003〜』収録曲。CD未収録。
  • 春を待とう(作詞・作曲) - DVD『20th Century LIVE TOUR 2008 オレじゃなきゃ、キミじゃなきゃ』初回限定CD収録曲。映画『天国は待ってくれる』主題歌。
  • I・N・O=NUT KID(作詞・作曲) - アルバム『Voyager』初回限定盤B収録曲。
  • おっイェイ!(作詞・作曲) - アルバム『Voyager』通常盤に収録されているシークレットトラック。
  • よかった。。。(作詞・作曲) - ライブツアー『20th Century LIVE TOUR 2009 HONEY HONEY HONEY』にて披露。CD・DVD未収録。
  • 選ぶ前に飛べ(作詞・作曲) - DVD『V6 LIVE TOUR 2008 VIBES』初回限定版BONUS CD収録曲。
  • わがままDEソーリー(作詞・作曲) - DVD『20th Century LIVE TOUR 2008 オレじゃなきゃ、キミじゃなきゃ』収録曲。
  • 〜此処から〜(作詞:V6、作曲:井ノ原快彦) - アルバム『SUPER Very best』初回限定盤A収録曲。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 『シリーズ 体感 首都直下地震』の再編集スペシャル版。
  2. ^ 千原ジュニアとのダブルMC

出典編集

  1. ^ PROFILE(V6)-Johnny's web”. Johnny's web. 2016年9月閲覧。
  2. ^ a b 2013年2月10日放送の『Music Lovers』より[信頼性要検証]
  3. ^ a b アーティスト詳細 井ノ原快彦”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社. 2016年2月25日閲覧。
  4. ^ https://www.asahi.com/articles/ASL5C65XGL5CUCVL037.html
  5. ^ a b c 井ノ原快彦、心優しい同級生の現在が判明 - "絶対に捨てられない品"とは?. マイナビニュース (2017年4月4日) 2018年1月29日閲覧。
  6. ^ “イノッチ「入籍しました」…V6ライブでファンに報告”. (2007年9月30日). オリジナルの2007年10月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071015160517/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20070930-OHT1T00040.htm 
  7. ^ “イノッチ長男生まれました! 目は朝香似”. SANSPO.COM. (2010年3月4日). オリジナルの2010年3月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100306135336/http://www.sanspo.com/geino/news/100304/gnb1003040512002-n1.htm 2010年3月4日閲覧。 
  8. ^ “瀬戸朝香とV6井ノ原に第2子長女誕生”. nikkansports.dot com (日刊スポーツ新聞社). (2013年11月24日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20131124-1222659.html 2013年11月25日閲覧。 
  9. ^ a b “イノッチが有働アナとNHK朝の顔”. 日刊スポーツ. (2010年2月5日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20100205-592706.html 2017年9月9日閲覧。 
  10. ^ a b “「アド街」新司会はV6井ノ原 キンキンからバトン「凄いこと」”. Sponichi Annex. (2015年3月23日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/03/23/kiji/K20150323010032950.html 2017年9月9日閲覧。 
  11. ^ 出没!アド街ック天国 感じられる街の人々の温度”. 産経ニュース (2022年7月30日). 2022年7月30日閲覧。
  12. ^ “【紅白】イノッチは救世主か? 出場者発表会見から“神対応”炸裂”. ORICON NEWS. (2015年11月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2062948/full/ 2017年9月9日閲覧。 
  13. ^ 【V6解散】井ノ原快彦「本当に心の底から皆さんを誇らしく」コメント全文”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2021年11月1日). 2021年11月1日閲覧。
  14. ^ “V6井ノ原快彦「イノはまったく変わらない」小学校同級生が断言”. マイナビニュース. (2018- 4-4). https://news.mynavi.jp/article/20180404-611146/ 2018年6月10日閲覧。 
  15. ^ “「嵐」主演作の10年ぶり続編、25万席が1日で完売 4都市での追加上映も決定”. 映画.com. (2014年7月19日). http://eiga.com/news/20140719/11/ 2017年9月9日閲覧。 
  16. ^ V6井ノ原快彦、芸能界入りのきっかけは「西部警察」,日刊スポーツ,2018年3月27日
  17. ^ V6・井ノ原快彦のファッションに「あさイチ」視聴者からクレーム,トピックニュース,2014年11月18日
  18. ^ SMAP・香取への特別な思い,サイゾーウーマン,2016年3月18日
  19. ^ “V6井ノ原が念願の刑事役初挑戦”. 日刊スポーツ. (2006年2月27日). オリジナルの2006年5月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060326203744/http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-060227-0008.html 
  20. ^ “イノッチ、連ドラ初の夫役! 松下奈緒支える”. (2011年12月3日). オリジナルの2011年12月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111206020656/http://www.sanspo.com/geino/news/111203/gng1112030503000-n1.htm 
  21. ^ “井ノ原快彦主演「特捜9」第4弾 4・7スタート”. 日刊スポーツ (株式会社日刊スポーツ新聞社). (2021年3月1日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202102280000835.html 2021年3月1日閲覧。 
  22. ^ “井ノ原快彦主演「特捜9」シーズン5へ、Snow Manの“ドラマ班”向井康二が仲間入り”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年3月3日). https://natalie.mu/eiga/news/467826 2022年3月3日閲覧。 
  23. ^ “井ノ原快彦と上戸彩が5人の孤児育てる夫婦役でドラマ初共演、舞台は戦時中の大阪”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年1月18日). https://natalie.mu/eiga/news/316413 2019年2月15日閲覧。 
  24. ^ 28年目で初連続ドラマ!主演は井ノ原快彦 題材はYOASOBI『もう少しだけ』原作 めざましドラマ『めぐる。』放送決定!”. とれたてフジテレビ. 2021年11月23日閲覧。
  25. ^ “井ノ原快彦が池井戸潤原作の「連続ドラマW シャイロックの子供たち」で主演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年5月23日). https://natalie.mu/eiga/news/478507 2022年5月23日閲覧。 
  26. ^ “V6井ノ原快彦&なにわ男子・道枝駿佑、親子役で共演<461個のおべんとう>”. モデルプレス. (2019年10月21日). https://mdpr.jp/cinema/detail/1884931 2019年10月21日閲覧。 
  27. ^ 映画「すみっコぐらし」ナレーションは井ノ原快彦と本上まなみ、本予告も解禁”. マイナビニュース. 2019年11月6日閲覧。
  28. ^ 井ノ原快彦&本上まなみ、ナレーション続投 『映画すみっコぐらし青い月夜のまほうのコ』”. ORICON NEWS. 2021年9月14日閲覧。
  29. ^ “V6イノッチ、頑張る姿に涙…小学生30人31脚”. (2007年11月16日). オリジナルの2008年2月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080202210033/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20071116-OHT1T00067.htm 
  30. ^ 駅総選挙 鉄道ファンがガチ投票”. テレビ朝日. 2022年8月8日閲覧。
  31. ^ “地上波初! イノッチ クイズ番組で司会者”. Sponichi Annex. (2008年10月9日). オリジナルの2008年10月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081011100214/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2008jani/KFullNormal20081009014.html 
  32. ^ “首都直下地震の脅威を最新技術で映像化!“どうすれば命を守れるのか”をふたたび考える”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2021年3月22日). https://thetv.jp/news/detail/1025428/ 2022年4月1日閲覧。 
  33. ^ 井ノ原快彦が日本全国の“宝メシ”を紹介 『宝メシグランプリ2022』元旦放送”. TV LIFE web (2021年12月27日). 2022年1月12日閲覧。
  34. ^ 世紀末覇者拳王 ラオウはなぜ、私たちを魅了するのか!?”. NHK (2019年7月23日). 2019年12月7日閲覧。
  35. ^ “NHK「セカンドの美学」で峰不二子特集、増山江威子沢城みゆきが魅力を語る”. コミックナタリー (Natasha). (2019年9月18日). https://natalie.mu/comic/news/348004 2019年12月7日閲覧。 
  36. ^ 日本放送協会, ゆるスポ部、ガチです! 〜運動オンチが下克上!?〜(1) - レギュラー番組への道, https://www.nhk.jp/p/ts/RJ5G2XZ4N3/episode/te/ZN61PVJ2ZN/ 2022年2月10日閲覧。 
  37. ^ “井ノ原快彦“異色”旅番組でMC「正直不安に思う部分はありました(笑)」“幻ツアー”に芸能人が同行”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年3月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2227237/full/ 2022年3月9日閲覧。 
  38. ^ “鉄道ファン2000人が選ぶ『駅総選挙』発表 SPプレゼンター井ノ原快彦の予想1位は「東京駅」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年5月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2233345/full/ 2022年5月2日閲覧。 
  39. ^ “イノッチがテレ東で五輪キャスター初挑戦”. 日刊スポーツ. (2010年1月16日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20100116-586192.html 2017年9月9日閲覧。 
  40. ^ a b 井ノ原快彦が『みんなのうた60』プロジェクト フィナーレに向けた特番に出演決定”. TV LIFE web (2021年12月24日). 2022年1月12日閲覧。
  41. ^ 井ノ原快彦「100年まで頑張ってほしい」 『みんなのうた60』特番3・5放送”. ORICON NEWS. 2022年2月25日閲覧。
  42. ^ “V6井ノ原「CGじゃない」マジック挑戦”. nikkansports.com. (2014年3月17日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20140317-1271611.html 2017年9月9日閲覧。 
  43. ^ イノッチ、生活感ない滝クリ“寝室”に興味津々「これホテルでしょ」”. ORICON STYLE (2016年3月10日). 2016年3月10日閲覧。
  44. ^ "ハウス食品/「とんがりコーン」CMに井ノ原快彦さんを起用"メーカーニュース(2016年11月4日)2017年2月13日閲覧。
  45. ^ "ハウス食品/CMに井ノ原快彦さんを起用「きわだちカレー コクがきわだつ中辛」"メーカーニュース(2017年2月13日)2017年2月13日閲覧。
  46. ^ “井ノ原快彦、家族とチキンマックナゲットが大好きなパパ役「演じ切れた」”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年4月22日). https://news.mynavi.jp/article/20220422-2327008/ 2022年4月22日閲覧。 
  47. ^ “井ノ原快彦&長野博主演「プロデューサーズ」”. スポーツ報知. (2007年11月30日). オリジナルの2008年2月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080202210054/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20071130-OHT1T00170.htm 
  48. ^ “イノッチ初一人芝居”. スポーツ報知. (2007年6月30日). オリジナルの2007年9月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070916062942/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20070630-OHT1T00037.htm 
  49. ^ “V6井ノ原が年下演出の舞台に主演”. nikkansports.com. (2008年9月11日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20080911-407336.html 2017年9月9日閲覧。 
  50. ^ “イノッチ、小さいころから熱い“物件フェチ””. SANSPO.COM. (2011年2月18日). オリジナルの2011年2月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110223094458/http://www.sanspo.com/geino/news/110218/gng1102180517000-n1.htm 
  51. ^ 芝浦ブラウザー - パルコ劇場”. PARCO劇場. 2022年3月13日閲覧。
  52. ^ “V6トニセン10年ぶり舞台にしみじみ”. 日刊スポーツ. (2014年8月27日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20140827-1357493.html 2017年9月9日閲覧。 
  53. ^ “坂本昌行×長野博×井ノ原快彦「戸惑いの惑星」は「今まで観たことのない作品」”. ステージナタリー. (2017年1月21日). http://natalie.mu/stage/news/217769 2017年9月9日閲覧。 
  54. ^ V6トニセン、1年半ぶり舞台『カノトイハナサガモノラ』上演決定【コメント全文】”. ORICON NEWS. 2021年5月14日閲覧。
  55. ^ “イノッチ“ぼやき日記”発刊へ”. (2006年5月18日). オリジナルの2007年2月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070218073814/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20060518013.html 
  56. ^ 作品データベース検索サービス”. JASRAC. 2012年11月4日閲覧。

外部リンク編集