メインメニューを開く

井上あさひ

日本放送協会(NHK、本部が東京にある日本の公共放送局)の女性アナウンサー

井上 あさひ(いのうえ あさひ、1981年7月17日 - )は、NHKアナウンサー

いのうえ あさひ
井上 あさひ
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 岡山県玉野市
生年月日 (1981-07-17) 1981年7月17日(37歳)
血液型 O型
最終学歴 お茶の水女子大学文教育学部
勤務局 NHK東京アナウンス室
部署 放送部
職歴 鳥取広島東京アナウンス室→京都→東京アナウンス室
活動期間 2004年 -
ジャンル 報道・教養番組
公式サイト NHKアナウンスルーム
出演番組・活動
出演中 本文参照
出演経歴 本文参照
その他 鳥取・広島両局で地上デジタル放送推進大使

目次

人物

岡山県玉野市出身。岡山高等学校お茶の水女子大学教育学部[1]卒業後、2004年入局[2]。高等学校在学中は野球部のマネージャーだった[3]。中学と大学では箏曲(そうきょく)部に所属し、中学では全国大会3位入賞している。

大学進学当初は小学校教員になりたい希望があった。同時にアナウンサーという希望もあったが、周りには「無理だと思われる」と思い、恥ずかしくて言えなかったというが「(両方の希望とも)ずっと五分五分くらいで情熱があった」と言う。アナウンサーを目指すようになったのは、NHKの先輩の三宅民夫が出ていた『NHKニュース おはよう日本』を毎朝見ていて「今日も一日頑張ろう」と思えたことだったという[1]

鳥取と広島の両局で地上デジタル放送推進大使を務めた。岡山県出身ということもあり、中国地方全域の地域番組で起用される機会も多く、地デジ大使としては民放各局の女性アナウンサーとともに広報活動をする。CMでは広島東洋カープのユニフォームを着用して地デジ放送開始をPRした。プライベートでもカープファンであることを公言している[2]

趣味は2人のと遊ぶことと。人の顔を覚えることは得意であるが名前を覚えることは苦手。小学校と中学校の教員免許を取得している[4]ことから、「アナウンサーになっていなかったら、小学校の教師になっている」と明言している。

ふだんからラジオを聴く事が多く、TBSラジオ伊集院光 深夜の馬鹿力』をタイマー録音して欠かさず聴いており、伊集院光本人に番組のファンである事を伝えている[5]

現在の担当番組

過去の担当番組

広島局時代
※2008年度は山迫未紀子キャスターと交替で担当。
※広島局が制作幹事局であることからの起用。ただし番組自体は東京で収録。
  • にっぽんの食 ふるさとの食 (2009年3月7日 総合テレビ10:05 - 11:54)
※全国放送。日本農業賞授賞式連動特別編として放送され、イベント会場からの中継を担当した。
東京アナウンス室時代(1度目)
京都局時代
東京アナウンス室時代(2度目)
その他
  • 日刊スポーツ芸能欄コラム「アナグラ」』 (2010年5月水曜担当)

同期のアナウンサー

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b NHK井上あさひアナ 新人時代、鳥取砂丘で夕日を見て反省…不器用で何もできない”. デイリースポーツ (2019年4月27日). 2019年4月28日閲覧。
  2. ^ a b 中国新聞 2011年7月3日3面
  3. ^ 「ニュースウオッチ9」新布陣は30歳トリオ”. スポーツニッポン (2011年2月2日). 2014年5月14日閲覧。
  4. ^ アナ交代「N9」青山祐子から井上あさひ 朝日新聞 2011年2月2日閲覧
  5. ^ “第11回 好きな女性アナウンサーランキング”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年12月3日). http://www.oricon.co.jp/special/47319/ 2014年12月5日閲覧。 
  6. ^ “NHK・井上あさひアナ 新ニュース番組「ニュースきょう一日」メーンキャスター就任”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年2月13日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/02/13/kiji/20190213s00041000205000c.html 2019年2月13日閲覧。 
  7. ^ 島津有理子アナの夏休みで礒野佑子アナが6時台を担当したため礒野アナが通常担当する時間帯を代役で担当。
  8. ^ 2010年2月8日から12日に、バンクーバーオリンピック開会式中継担当で、開幕直前の現地を取材していた当時の進行サブキャスター青山祐子の代理出演。2010年8月16日から20日も、青山祐子の夏季休暇で代理出演。
  9. ^ 制作はNHK大阪放送局で、毎月の最終金曜日に出演 (2015年12月、2016年3月を除く)
  10. ^ “京都異動のNHK井上あさひアナ、全国ネットに復活”. 日刊スポーツ. (2015年6月16日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1492859.html 2015年6月27日閲覧。 
  11. ^ “井上あさひアナ キャスター就任も…”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2016年2月4日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/02/04/0008778312.shtml 2016年2月4日閲覧。 
  12. ^ 平成29年度主な番組のキャスター - 日本放送協会 2017年2月16日

外部リンク