メインメニューを開く

井上 ともやす(いのうえ ともやす、1967年2月16日 - )は日本の男性シンガーソングライター作曲家千葉県船橋市出身。1970年代日本のフォークソングをルーツに、現在もプロテストソングを作り歌うほか、ブルーグラスからロックまで、幅広いスタイルの自作曲を持ち、石野真子宮良牧子らの歌手への楽曲提供、CDプロデュースも行っている。沖縄県で出会ったライフスタイルに影響されて三線も弾き、自らの教室で教えている。

井上 ともやす
出生名 井上智資
別名 チーフ井上
生誕 (1967-02-16) 1967年2月16日(52歳)
出身地 日本の旗 日本 千葉県船橋市
ジャンル フォークソングJ-POPブルーグラス
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカルフォークギターエレクトリック・ギター三線マンドリンハーモニカカズー
活動期間 1999年 -
レーベル ヤモリレコーズ
公式サイト http://www2.ttcn.ne.jp/~tomoyasuinoue/index.htm

近況編集

1987年から毎年上野恩賜公園の水上音楽堂にて「アコースティックボイス」というライブを主催。

現在は関東地方各地を中心に、ギターと三線を使ったオリジナル曲のライブ活動の他、吉田拓郎のカバーだけを歌うトリビュートライブイベントなどを積極的に行っている。

また、神奈川県相模原市のライブハウスアコースティックパフォーマンスコレクションで「井上ともやすのお呼びつけライブ!」と称する自主企画のタイバンライブを定期的に行ない、時には沖縄料理店で流しをしたり、わらぶーとしてのライブも行っている。三線は、時にスライドギターのようにボトルネック奏法も駆使する。

また、沖縄ミュージシャンや石野真子らへの楽曲の提供、宮良牧子古賀愛子らのCDプロデュース[1][2]根岸和寿とのユニット「カーリーブラザーズ」としてお祝いソングの制作、シンガーソングライターのいわさききょうことインターネットラジオ定期番組『どこへ行くフォークソング』を制作するなど、精力的に活動を行っている。

略歴編集

ディスコグラフィー編集

アルバム編集

  • 『平和の詩(うた)が聞こえる』(2010年10月)
  1. 平和の詩が聞こえる
  2. やポネシアンブルース
  3. 団地っ子のバラッド
  4. GoodBye Teen's
  5. てーげーeasy(作詞:井上ともやす、作曲:グレン・フライ)(イーグルスTake It Easy」の沖縄方言カバー)
  6. 冷たい雨を聴いている
  7. 黄昏挽歌
  8. サンキューソング
  9. たった一人のお母ちゃんから
  10. 広島に雪が降る
  11. Spirit To Shout!
  12. 縁ですね
  • 『アジアの瞳 Peaceful Eyes In Asia』(2016年2月14日、CH-003)
  1. どこへ行く日本
  2. オヤケアカハチの唄
  3. B級キャプテン
  4. 歌ってよフォークダディ
  5. 椅子
  6. どこへ行くアメリカ
  7. 音楽が聞こえてくるよ
  8. 雨ニモマケズ(作詞:宮沢賢治、作曲:井上ともやす)
  9. アジアの瞳
  10. ギターを弾いている

シングル編集

  • 『水の詩』 2002年7月 ファーストシングル C/W「心の町に行こう」
  • 『アンニョンハセヨ カムサハムニダ』 2004年4月3日シングル第2弾 C/W「明日はきっと晴れ」
  • 『どこへ行くアメリカ』 2006年2月4日 シングル 第3弾 C/W「ルーツ」

参加作品編集

sayama編集

  • 『Water-Spirit』(2002年11月ドイツ盤ヒーリングミュージックのオムニバスアルバム)

nachi-boo編集

  • 『あん美(ちゅ)らさ』(2001年)
  • 『夏の夜はカチャーシー』(2002年)

チーフ井上とフォークゲリラボーイズ編集

  • 『100万回愛してる』(1999年)

わらぶー編集

  • 『わらぶー音楽図鑑』(2006年3月4日、ラッツパック wara-0001)
日本トランスオーシャン航空の2008年3月、4月機内放送で「ヤモリがキュ!」を紹介。

楽曲提供編集

古賀愛子
「あなたを想う花になりたい」(2014年9月21日、ヤモリレコーズ wara-0002)[1]
高田康子
「水の詩」(2009年11月11日)
宮良牧子
「星を追いかけて」(2005年7月6日)
「サンゴぬファーぬ物語」(2008年8月20日、アルバム『心の星』所収)
「心の星」(同上)
「マブイウタ」(2008年11月23日、アトン・ミュージック)
石野真子
「サンキューソング」(『Love Merry-go-round』所収、COME TRUE RECORDS、CTR-08028)
MERRY
「あん美らさ」(2007年9月18日、アルバム『琉星〜Ryusei〜』所収)
「大地をバン!バン!」(同上)
「恋の風」(作曲)(同上)
「てのひら」(作曲)(同上)
内里美香
「サンゴぬファーの物語」(11月10日、『風のションカネー』所収、TUNDAMI TUNE-0002)
映画『風之舞〜風の復活〜』挿入歌

インターネットラジオ編集

  • 『どこへ行くフォークソング』 - シンガーソングライターのいわさききょうこと共に定期的に行ない、YouTubeでも公開している[5]

映画編集

  • 風之舞〜風の復活〜』(2007年) - わらぶーとして出演。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 歌手の古賀愛子さん、プロデューサーの井上ともやすさんゲスト出演!” (日本語). 有限会社石垣コミュニティーエフエム (2016年3月20日). 2017年4月16日閲覧。
  2. ^ 「母の故郷で初ライブ 石垣島2世の古賀愛子さん」『八重山毎日新聞』、2016年3月24日、八重山毎日新聞社
  3. ^ 「つま恋 42年の歴史に幕 全国から2000人別れ惜しむ」『毎日新聞』、2016年12月26日 [1]
  4. ^ チラシ
  5. ^ 第1回目、YouTube

外部リンク編集