メインメニューを開く

井上 一樹(いのうえ かずき、1971年7月25日 - )は、鹿児島県霧島市出身の元プロ野球選手外野手)。

井上 一樹
Inoue kazuki.jpg
2012年8月28日、こまちスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県霧島市
生年月日 (1971-07-25) 1971年7月25日(47歳)
身長
体重
184 cm
93 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1989年 ドラフト2位
初出場 1991年5月11日
最終出場 2009年10月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 中日ドラゴンズ (2010 - 2013)

中日ドラゴンズに所属し、2006年から2007年は選手会長を務めた。2009年を以って現役を引退し、2010年は中日の打撃コーチ、2011年は中日の二軍監督、2012年から2013年までは中日の一軍打撃コーチを務めた。

目次

経歴編集

アマチュア時代編集

陵南小学校時代にソフトボールを始める。陵南中学校時代に軟式野球部に入部。鹿児島商業高校時代は、投手兼外野手として甲子園に1回出場。高校通算40本塁打を記録し、野手・投手の双方で注目を浴びる。

1989年のドラフト会議中日ドラゴンズから2位指名を受けて入団。

現役時代編集

入団直後は投手として起用されたが、満足のいく成績を残せずに1994年から打者転向。この年、ジュニアオールスターでMVPを獲得。

1996年に背番号を38から99に変更した。1998年に就任した水谷実雄打撃コーチの指導の下、徐々に素質が開花し始めた[1]

1999年は7番打者として4月2日広島東洋カープ戦から4月28日阪神タイガース戦まで開幕21試合連続安打を記録する[2]など、正外野手として、攻守にわたって同年のリーグ優勝やリーグ新記録の開幕11連勝に貢献する働きを見せる。また、中日ドラゴンズのリーグ優勝が決まった日の試合でも決勝適時打を放つなど活躍した。この時期に、ピンク色のリストバンドを好んで使用していた事から「ピンキー」というニックネームが、当時の背番号99とともにファンに定着した[3]福岡ダイエーホークスとの日本シリーズでは13打数0安打に終わり、チームも1勝4敗で敗れた。

2003年には応援歌を、1999年の中日優勝当時の曲に戻した[要出典]

2004年から落合博満の監督就任もあり背番号99とピンキーの愛称を返上し、背番号9・水色のリストバンドを使用するようになった。レギュラー争いをしながらチームを引っ張った。同年の日本シリーズでは日本一を逃したものの、活躍が認められて敢闘賞を受賞している。

2005年大西崇之英智らと左翼手の座を争い、規定打席不足ながら2桁本塁打と初の打率3割を達成した。

2006年、中日の選手会長を4歳年下の井端弘和より受け継ぐ。井上はファンサービスに熱心に取り組み、「福留孝介デー」などといった企画の実行にこぎつけた(後述)。8月15日の対広島東洋カープ13回戦で、プロ野球史上411人目となる通算1000試合出場を達成した。8月30日の対阪神15回戦(阪神甲子園球場)では劣勢の中、9回表二死から代打で登場し、藤川球児から値千金となる同点本塁打を放った。試合は結局引き分けに終わったが、中日はマジックを1減らし、勝ちに等しい引き分けとなり、この年のペナントレースを大きく左右する本塁打となった。シーズン全体では英智藤井淳志らとレギュラー争いをし、規定打席には足りないものの勝負強さを発揮し、2年連続で3割と2桁本塁打を達成するなど、優勝に大きく貢献した。

2007年は同じく左打ちの外野手である李炳圭の獲得や、中村紀洋の獲得で森野将彦が三塁から外野に回る機会が増えるなどのチーム事情が影響し、出場機会が減少。序盤には二軍降格も経験した[4]。しかし、タイロン・ウッズが契約切れで帰国したため、同年のアジアシリーズでの対SKワイバーンズ戦、対チャイナスターズ(中国プロリーグ選抜)戦、更に決勝の対SKワイバーンズ戦では4試合で3本塁打を放っている。同年限りで選手会長を退任し、6歳年下の荒木雅博に譲った。

2008年は開幕を二軍で迎えるも、4月25日に一軍に昇格。以後左の代打やスタメン出場もあり活躍した。しかし、9月2日に再降格し、シーズン終盤に再昇格した。

 
現役時代(2009年7月19日、阪神甲子園球場)

2009年は開幕戦にスタメンとして名を連ねるも、打撃不振で4月中旬に降格。シーズンの大半を二軍で過ごす。そして、9月25日の試合終了後に現役引退を表明した。会見では「体力の衰えは感じていないが、ドラゴンズ一筋で辞めるのがベストだと思った。選手会長で優勝パレードができたのが思い出」と話した。9月27日の対阪神戦(ナゴヤドーム)が引退試合として行われ、6番右翼で先発出場した。試合は敗れ、井上自身も4打数無安打であったが、試合終了後に引退セレモニーが行われ、立浪和義と矢野輝弘から花束が贈られた。その後の胴上げには、チームメイトに混じって矢野と高橋光信(2人ともかつて中日でチームメイト)も加わった。その後、10月3日に富山市民球場アルペンスタジアムで行われたファーム日本選手権(対読売ジャイアンツ戦)に出場し、8回表に李炳圭の代打で出場した。この回は二塁走者が牽制で3アウトチェンジとなったため、9回表に先頭打者として打席に立ち、勝利を決定付ける本塁打を放つ。試合終了後には二軍選手達からの胴上げを受け、背番号と同じ9回宙に舞った。10月24日クライマックスシリーズ第2ステージ第4戦が最後の出場となった。

現役引退後編集

引退後の2010年には一軍打撃コーチとして引き続き中日に在籍し、秋季練習から主に若手選手の指導にあたっている。背番号は、現役時代に最も長い期間使用していた「99」となった。

2011年は、退団した川相昌弘に代わり二軍監督に就任[5]。若手選手を積極的に指導し、二軍を2年ぶりのウエスタン・リーグ優勝に導き[6]、さらにファーム日本選手権でも勝利した[7]

 
2012年10月15日、ナゴヤドームでのクライマックスシリーズでトニ・ブランコにゲキを飛ばす井上一樹。


2012年からは再び一軍打撃コーチとなる[8]2013年10月15日に球団より来季の契約を結ばない事が発表された[9]

2014年からは、メ~テレ東海ラジオの野球解説者を務める。

人物編集

  • 大相撲西ノ海、加賀錦(元幕下)、鶴ヶ嶺(元関脇)、薩摩錦(元幕下)、元鶴ヶ嶺(元井筒親方)、井筒親方(元関脇逆鉾)、錣山親方(元関脇寺尾)、鶴ノ富士智万(元十両)とは親戚。子供の頃、体を生かして大相撲入りを進められたこともあり、中学3年の時には井筒親方の招きで東京のけいこ場に見学に行っている。
  • 2003年、個人で日頃から病院を訪問して子供達を激励する活動が評価され、野球選手の社会貢献活動を表彰するゴールデンスピリット賞を受賞。
  • 2006年、新選手会長として様々なファンサービスをナゴヤドームで実践し、営業面での努力と才能も見せた。例えば、「井端デー」「川上デー」のような選手の誕生日の試合で行った様々なサービス、井上自身が習字の腕前が優れていることを利用した、井上の書いた題字と選手写真を組み合わせた力強いポスターなどである。また、自らデザインを手がけたテンガロンハットもグッズとして発売された。2006年からはピンクのリストバンドをたまに使用している。2009年の「引退試合」でも身につけていたが、全盛期のものとメーカーが違う関係で色が濃いものとなっていた。
  • 2006年のラスベガス優勝旅行で、出発直前にパスポートを紛失。自宅で発見するも、一行が乗ったチャーター機には間に合わず、翌日に自腹で航空券を購入し1日半遅れで「こんなことになって申し訳ない」と恐縮しながら合流した。
  • 東海ラジオ放送と関わりが深く、2005年 - 2007年まではドラゴンズNo.1ジョッキーに電話出演と毎年の生出演をしていた。2008年12月29日から2009年1月2日までガッツだ!ドラゴンズのメインパーソナリティを担当した(番組タイトルも「井上一樹のガッツだ!ドラゴンズ」となった)。また現役引退後の2010年1月3日に、特別番組『ありがとう薩摩隼人 井上一樹20年の軌跡』が唯一単独枠の番組として放送された。2017年現在も、月曜・火曜のドラヂカラ‼にメインパーソナリティとして出演し、巧みな話術で鳴らしている。
  • KARAのファンであることをメ〜テレの『どですか!』で公表している。好きなメンバーはスンヨン、気になっているのはニコル。
  • SKE48須田亜香里は好きな選手を井上と挙げている。
  • 朝日放送ラジオの解説の中で「ドラゴンズに所属していたものの、阪神ファンである」と公言(2014年7月14日)。ただ、福留孝介が膝の痛みを理由に、MLBから帰国して天然芝のフィールドの甲子園球場を本拠地にする阪神に入団した件に関しては「だから阪神行ったんかい!」と、ドラヂカラ‼の番組内で福留にツッコミを入れている。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1991 中日 8 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 71 13.2 16 0 15 0 2 11 2 0 11 11 7.24 2.27
1992 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 5 1.0 0 0 2 0 0 1 0 0 0 0 0.00 2.00
通算:2年 9 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 76 14.2 16 0 17 0 2 12 2 0 11 11 6.75 2.25

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1991 中日 8 2 2 0 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .500 .500 1.000 1.500
1992 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1994 30 55 51 6 13 5 1 0 20 4 0 0 0 0 4 0 0 16 1 .255 .309 .392 .701
1995 11 24 23 0 3 0 0 0 3 1 0 0 0 0 1 0 0 9 1 .130 .167 .130 .297
1997 28 74 73 6 21 5 0 2 32 9 0 1 0 0 1 0 0 25 0 .288 .297 .438 .736
1998 107 394 352 34 93 18 4 9 146 31 1 0 3 2 35 2 2 79 13 .264 .332 .415 .747
1999 130 499 450 40 133 18 5 10 191 65 2 0 0 4 45 5 0 85 7 .296 .357 .424 .781
2000 116 351 324 38 91 20 2 11 148 41 0 6 0 2 25 2 0 79 8 .281 .330 .457 .787
2001 112 349 321 24 83 21 2 2 114 20 2 1 1 1 25 2 1 54 5 .259 .313 .355 .668
2002 99 282 257 26 63 18 2 7 106 23 2 2 1 2 19 1 3 51 6 .245 .302 .412 .715
2003 75 126 115 16 29 7 1 2 44 5 0 0 0 0 10 0 1 23 1 .252 .317 .383 .700
2004 113 319 283 41 78 14 0 11 125 30 0 0 0 1 32 2 3 59 8 .276 .354 .442 .796
2005 107 263 245 30 74 14 1 10 120 38 3 1 0 4 13 0 1 40 4 .302 .335 .490 .824
2006 108 288 273 27 85 12 0 11 130 39 2 1 3 0 12 0 0 42 5 .311 .340 .476 .817
2007 71 200 178 20 52 7 4 3 76 28 1 0 4 1 17 1 0 41 4 .292 .352 .427 .779
2008 74 154 141 11 41 12 0 1 56 10 0 0 1 0 12 4 0 18 1 .291 .346 .397 .744
2009 25 47 46 0 3 1 1 0 6 5 0 0 0 0 1 0 0 14 1 .065 .085 .130 .216
通算:17年 1215 3427 3134 319 863 173 23 79 1319 349 13 12 13 17 252 19 11 635 65 .275 .330 .421 .751

年度別守備成績編集

年度 外野 一塁
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備
1994 10 11 0 0 0 1.000 -
1995 7 7 0 0 0 1.000 -
1997 21 31 2 1 0 .971 -
1998 105 201 5 3 0 .986 1 1 0 0 0 1.000
1999 128 260 5 3 3 .989 -
2000 110 177 6 1 3 .995 -
2001 99 130 3 0 2 1.000 1 0 0 1 0 .000
2002 85 106 7 2 4 .983 -
2003 26 26 0 0 0 1.000 3 19 0 1 3 .950
2004 86 99 4 1 1 .990 2 2 0 0 0 1.000
2005 75 85 5 1 0 .989 -
2006 78 115 4 0 1 1.000 -
2007 51 61 3 0 0 1.000 -
2008 33 48 3 2 0 .962 -
2009 11 12 0 0 0 1.000 -
通算 892 1320 44 12 14 .991 7 22 0 2 3 .917

表彰編集

記録編集

投手記録
打撃記録

背番号編集

  • 38 (1990年 - 1995年)
  • 99 (1996年 - 2003年、2010年 - 2013年)
  • 9 (2004年 - 2009年)

出演番組編集

脚注編集

  1. ^ 【9月30日】1999年(平11) 99年の歓喜は背番号99が決めた 井上一樹フェンス直撃2発
  2. ^ 2000 ベースボール・レコード・ブック 76頁「1999年度主要記録集」より。
  3. ^ 「ピンキー」にはピン=一 キ=樹と、名前とかけた意味もあり、井上には特別に思い入れのあるニックネームだった。
  4. ^ このとき、立浪和義から井上へ手紙が送られ、井上自身は後年、この立浪からの手紙が心の支えになったと語っている[要出典]
  5. ^ 井上コーチが2軍監督に就任 - 2010年11月9日
  6. ^ 中日2軍が2年ぶり16度目ウエスタンV - 2011年9月18日
  7. ^ ファーム日本選手権で勝利
  8. ^ 来季のコーチングスタッフについて”. 中日ドラゴンズ (2011年11月21日). 2011年11月21日閲覧。
  9. ^ 来季の契約について中日球団公式サイト2013年10月15日配信

関連項目編集

外部リンク編集