メインメニューを開く

井上 三郎(いのうえ さぶろう、1887年明治20年)2月6日 - 1959年昭和34年)6月4日)は、日本陸軍軍人、最終階級は陸軍少将貴族院議員。侯爵桂太郎の三男。井上馨は義理の祖父に当たる。

井上 三郎
Inoue Saburo.jpg
生誕 1887年2月6日
死没 (1959-06-04) 1959年6月4日(72歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1905 - 1934
最終階級 陸軍少将
除隊後 貴族院議員
テンプレートを表示

経歴編集

栄典編集

親族編集

  • 養祖父・義父:井上馨
  • 養父:井上勝之助(井上馨の養嗣子・甥)
  • 妻:井上千代子(井上馨の娘・勝之助の養女、従妹。1931年に33歳で没)
  • 長男:井上光貞東京大学国史科教授
  • 長女:馬越武子(馬越恭平の孫・恭一に嫁ぐ[2]

参考文献編集

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第4156号「叙任及辞令」1940年11月12日。
  2. ^ 『昭和人名辞典 第1巻 東京編』、894頁。


日本の爵位
先代:
井上勝之助
侯爵
井上(馨)家第3代
1929年 - 1947年
次代:
華族制度廃止