メインメニューを開く

井上 信治(いのうえ しんじ、1969年10月7日 - )は、日本政治家建設国土交通官僚自由民主党所属の衆議院議員(6期)。環境副大臣内閣府副大臣などを歴任。

井上 信治
いのうえ しんじ
Osprey highlight of Japanese-American Friendship Festival 140905-M-MS007-146.jpg
2004年9月、アメリカ空軍横田基地にて
生年月日 (1969-10-07) 1969年10月7日(50歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都青梅市
出身校 東京大学法学部
ケンブリッジ大学大学院
前職 国家公務員建設省国土交通省
所属政党 自由民主党麻生派
称号 経済学修士
公式サイト 井上信治 official site

選挙区 東京25区
当選回数 6回
在任期間 2003年11月9日 - 現職
テンプレートを表示

来歴編集

東京都青梅市生まれ。実家は御茶ノ水の眼科医院[1]学習院初等科開成中学校・高等学校を経て東京大学文科一類に入学。専門課程では同大学法学部に進学し、主に政治学行政学を学ぶ[2]1994年3月、東大法学部を卒業。同年4月に建設省へ入省し、河川局に配属された。建設省在職中ケンブリッジ大学大学院に留学し、修士号を取得。2003年国土交通省住宅局建築指導課課長補佐を最後に国土交通省を退官した[3][4]

同年の第43回衆議院議員総選挙自由民主党公認で東京25区から出馬して初当選。

2005年第44回衆議院議員総選挙で再選。同年、石川要三の所属していた河野グループ(大勇会)に入会した[要出典]2007年自由民主党青年局長に就任。

2009年第45回衆議院議員総選挙国民新党の真砂太郎を破り3選。

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙では、民主党の竹田光明を破り、4選。選挙後に発足した第2次安倍内閣では環境副大臣原子力関係担当[5])と内閣府副大臣原子力防災担当[6])に任命された[3][4]

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙では、民主党の山下容子を破り、5選。

2015年10月、第3次安倍第1次改造内閣にて環境副大臣と内閣府副大臣に再就任[4]

2017年10月の第47回衆議院議員総選挙の東京25区は井上のほか、立憲民主党の山下容子、比例近畿ブロックから国替えした希望の党小沢鋭仁日本共産党の新人ら計4名が出馬した。井上は山下の票数である44,884票の3倍近くの票数(112,014票)を獲得し、6選[7]

義父は日本カバヤ・オハヨーホールディングス会長の野津喬[8][9]

政策編集

不祥事編集

迂回献金編集

2011年に、自らが代表を務める自民党支部に対し370万円を寄付し、支部から資金管理団体に1,000万円を還流させることにより、所得税約148万円を還付させていたことが、環境副大臣就任後の2013年4月に判明した[15][16]

公職選挙法違反編集

2005年の第44回衆議院議員総選挙において、井上の支援者が20数人に票のとりまとめ依頼したとして逮捕された[17][18]

所属団体・議員連盟編集

脚注編集

  1. ^ プロフィール - 経歴衆議院議員 井上信治 OFFICIAL WEB SITE
  2. ^ 井上信治 official site 【私の決意】
  3. ^ a b 環境副大臣  井上 信治 (いのうえ しんじ) 第2次安倍内閣 副大臣名簿”. 首相官邸ホームページ. 2017年12月6日閲覧。
  4. ^ a b c 井上信治 経歴詳細”. 井上信治オフィシャルサイト. 2017年12月6日閲覧。
  5. ^ 田中・井上副大臣就任会見録(平成24年12月27日(木)21:18~21:24 於:環境省クラブ会見室)
  6. ^ 第182回国会 環境委員会 第2号
  7. ^ 東京-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  8. ^ “野津喬氏(のづ・たかし=日本カバヤ・オハヨーホールディングス会長、井上信治自民党副幹事長の義父)”. 中国新聞 (中国新聞社). (2017年11月25日). http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=390786&comment_sub_id=0&category_id=115 2017年12月6日閲覧。 
  9. ^ “野津喬氏が死去 日本カバヤ・オハヨーホールディングス会長”. 山陽新聞 (山陽新聞社). (2017年11月25日). http://www.sanyonews.jp/article/632379 2017年12月6日閲覧。 
  10. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  11. ^ 自身のブログ
  12. ^ a b c 毎日新聞、2012年衆院選候補者アンケート
  13. ^ 2009年衆院選時朝日新聞アンケート回答
  14. ^ 公式ブログ
  15. ^ 「迂回寄付」井上環境副大臣も、148万円還付 読売新聞 2013年4月18日[リンク切れ]
  16. ^ 「国会議員17人、寄付還流 党支部介し税優遇受ける」 朝日新聞 2013年4月20日
  17. ^ 毎日新聞、2005年9月16日
  18. ^ しんぶん赤旗 2005年9月19日
  19. ^ プロフィール”. 衆議院議員 井上信治 OFFICIAL WEB SITE. 2018年12月24日閲覧。
  20. ^ a b c d 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年
  21. ^ 成澤宗男週刊金曜日編 『日本会議と神社本庁』 金曜日、2016年

外部リンク編集