井上 元満(いのうえ もとみつ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将毛利氏家臣安芸井上氏清和源氏の流れを汲む信濃源氏井上氏の支流。父は井上就在

 
井上元満
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不詳
死没 不詳
別名 通称:五郎三郎、彦右衛門
主君 毛利元就隆元輝元
氏族 安芸井上氏
父母 父:井上就在
元方
テンプレートを表示

生涯編集

毛利氏の宿老の一人である井上就在の子として生まれ、毛利元就隆元輝元の三代に仕える。

没年は不明だが、天正16年(1588年6月20日に輝元が元満の嫡男・元方に対し、元満の所領を元満の譲状に基づいて相続することを認めている。

なお、子孫には明治元勲である井上馨がいる。

脚注編集

参考文献編集