井上 宗雄(いのうえ むねお、1926年10月[1]10日 - 2011年3月18日)は、日本国文学者。専攻は、中古・中世和歌史。学位文学博士立教大学論文博士・1966年)[1]学位論文「中世歌壇史の研究 南北朝期」[1])。立教大学名誉教授。

生涯編集

東京生まれ[1]。1949年第二早稲田高等学院(文科)修了後[1]、学制改革により早稲田大学第一文学部国文学専修に編入[1]、1951年同学科卒業[1]。1953年早稲田大学大学院文学研究科日本文学専攻修了[1]。1953年早稲田大学高等学院教諭[1]、1962年立教大学専任講師[1]、1965年同大学助教授[1]。1966年「中世歌壇史の研究 南北朝期」で立教大学より文学博士学位を取得[1]。1971年立教大学教授[1]。1992年定年退職[1]名誉教授[1]。同年早稲田大学客員教授・特任教授[1]、1997年同大学を定年退職[1]

1962年10月東京大学国語国文学会賞(久松賞)受賞[1]。「寒雷」に所属して俳句も作った。

著書編集

  • 『中世歌壇史の研究 室町前期』風間書房 1961
  • 『中世歌壇史の研究 南北朝期』明治書院 1965
  • 『古典名歌の探求 後拾遺集・梁塵秘抄他』(文法・文脈・整理)有朋堂 1967.6
  • 百人一首』(明解シリーズ) 有朋堂 1967.12
  • 『中世歌壇史の研究 室町後期』明治書院 1972
  • 『平安後期歌人伝の研究』笠間書院(笠間叢書) 1978.10
  • 『鎌倉時代歌人伝の研究』風間書房 1997.3
  • 『百人一首を楽しくよむ』笠間書院 2003.1
  • 『百人一首 王朝和歌から中世和歌へ』笠間書院(古典ルネッサンス) 2004.11
  • 京極為兼吉川弘文館(人物叢書) 2006.5
  • 『中世歌壇と歌人伝の研究』笠間書院 2007.7
  • 『和歌典籍俳句』笠間書院 2009.2
  • 『書架解体 王朝和歌から中世和歌へ』青簡舎 2010.10
  • 『句文集 書架解体』書苑社 2010.10

校訂など編集

記念論集編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 「井上宗雄先生年譜・著作等目録」『国文学研究』第121巻、早稲田大学国文学会、1997年3月、 99-100頁。