井上 富雄(いのうえ とみお、1961年7月4日 - )は、日本ミュージシャン福岡県北九州市出身。福岡県立小倉南高等学校卒業。

井上 富雄
生誕 (1961-07-04) 1961年7月4日(60歳)
出身地 日本の旗 日本福岡県北九州市
学歴 福岡県立小倉南高等学校
職業 演奏家作曲家編曲家
担当楽器 Bass、Vocal、Guitar
活動期間 1980年 -
レーベル Mimoza Music
公式サイト [1]

来歴編集

福岡県立小倉南高校在学中に、「人間クラブ」を経て「ルースターズ」に加入。

1980年ルースターズのメンバーとしてデビュー。

1984年ルースターズ脱退後、自身のリーダーバンドであるブルー・トニック結成、ヴォーカル、ギターを担当する。1987年テイチクノン・スタンダードからメジャーデビューするが1989年解散。

1990年 ベース・プレイヤーとしての活動を開始。その後、数多くのセッションを経験し、現在はプロデューサー、アレンジャーとしても活動している。

2003年初のソロアルバム『up! up and away』を発表。この頃、古田たかし(dr.)とLIVEイベント「Cajun Moon Night」シリーズを開催。このセッション時のバンドが後のパーマネントバンドである「CAJUN MOON BAND」に発展。メンバーは、斎藤ネコ(vln.)、古田たかし(dr.)、井上富雄(b.)、柳沢二三夫(g.)、尾上サトシ(g.)、藤本淳一(key.)、高橋結子(per.)。

2004年CAJUN MOON BANDマキシシングル発表。

2007年URBAN BLUES QUARTET「PLAYS FUTURE CLASSICS」発表。

2008年STRUTTIN UNLIMITED「DREAM ENSEMBLE」発表。

2014年ブルー・トニック一夜限りの再結成を果たし、2015年本格的に活動開始。

2019年10月25日 16年ぶりの新譜「AFTER THE DAWN」リリース。

2019年 11月29日「AFTER THE DAWN」配信サービスにて配信開始。

2020年2月28日より「AFTER THE DAWN」リリースツアースタート。(全国7公演)

代表的なプロデュース、アレンジ、楽曲提供編集

主なライヴ・レコーディング参加編集

TV出演編集

脚注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ TOKYO SESSION -Rockin' Gambler-”. フジテレビ ONE TWO NEXT. フジテレビ. 2019年4月13日閲覧。

外部リンク編集