井上 就在(いのうえ なりあり)は、戦国時代武将毛利氏家臣安芸井上氏清和源氏の流れを汲む信濃源氏井上氏の支流。

 
井上就在
時代 戦国時代
生誕 不詳
死没 不詳
別名 五郎三郎(通称
官位 左馬助(官途名
主君 毛利興元幸松丸元就
氏族 安芸井上氏
父母 父:井上光貞
元満
テンプレートを表示

生涯編集

安芸井上氏当主である井上光兼の子・井上光貞の子として生まれる。

大永3年(1523年)に毛利幸松丸が死去した際に毛利元就に家督相続を要請した15名の宿老の1人[1]。この時、就在は7番目に「井上五郎三郎就在」と署名している。また、享禄5年(1532年7月13日の毛利氏家臣団32名が互いの利害調整を元就に要請した連署起請文では11番目に「井上左馬助就在」と署名している[2]

元就が家督を継ぐ以前から、元就の「就」の字を名前に用いているため、既に元就と親しい関係にあったと考えられ、天文19年(1550年)に井上元兼をはじめとした安芸井上氏の一族30余名が元就によって粛清された際にも就在は粛清を免れた。その上、同年12月21日には毛利隆元から安芸国安芸郡の内の国末名を給地として与えられている。

没年は不明だが、子の元満が後を継いだ。なお、子孫には明治元勲である井上馨がいる。

脚注編集

参考文献編集