井上 新一(いのうえ しんいち)は、熊本県出身の元アマチュア野球選手である。ポジションは外野手

井上 新一
基本情報
出身地 熊本県
選手情報
ポジション 外野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

八代第一高等学校を卒業した後に社会人野球九州産業交通チームに入団し、攻走守三拍子が揃った外野手として活躍していた。第3回社会人野球日本選手権大会から2年連続で大会優秀選手に選ばれた。その後、1977年のドラフト会議南海ホークスから5位指名されたが、入団を拒否した[1]。その後、1978年のアマチュア野球世界選手権日本代表にも選出された。

同じ九州産交でもプレーすることになる渡辺長助とは高校の同期である。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 過去のドラフト 第13回(1977年) - ドラフト会議 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年6月22日閲覧。

関連項目編集